【動画ネタ】180223

もっぱら資料収集の目的ですが。 Bomba とあるアレンジをしていたときに、3,3,2のリズムがどうもCalypsoやReggaeton、初期のハウスなど気温高めな印象に聞こえてしまうため3,2,3に変えたのですが、そういやBombaってリズムはどういうときに使うんだと思って調べました。 あと流れでPlenaとCandombe。 Viscount Legend Organ Joey DeFranc […]

Ample Guitar のビブラートを Modulator でかける

Logic Pro Xの10.4アップデートによりピアノロールのMIDIドロー機能がオートメーションとして機能するようになりました。 従来のMIDI打ち込み手法を使っている人にとっては使い勝手が意外に大きく変わってしまった印象があると思います。   余談:テンプレ 今回のLogic Pro Xのメジャーアップデートをきっかけに、うちで使ってるテンプレを少し見直しました。 そもそもどう設定 […]

【土曜雑記】180217

メール ご苦労さま、お疲れさまもそうですよね 誰が言い出したか知りませんが… 言葉の自由を締め付けるビジネス敬語、大嫌いです。 など、その後に「あわせて読みたい」とされている、「出されたお茶を飲むのは失礼」とか、寡聞にして存じ上げないマナーが時おり話題になって、難癖付けたい人が独自の減点法を編み出して広めようとしているのか、そのルールが広まると作った人の社会的評価が高まるのかよくわかりませんけども […]

Logic Pro X : メモリとロード時間効率化のためのパッチ保存

先日、ハイブリッドキットを組んだパッチを作る話を書いたのですが、その意味はこんなとこ。 好みの音を保存する メモリを効率よく使う ロード時間を短縮する 面倒なことを毎回やらずに、先に作っちゃって簡単に呼び出せるようにする。 その方法が可能なら試さない手はないし、試した上でメリットとデメリットを判断するのが建設的ですね。 効率をよくすることでマンネリ化を招くという考えもあるとは思うのだけど、それはそ […]

the PIPE がなんだか微妙

声をシンセに変えるぜ的な新しい楽器 the PIPE が登場。 んー、期待していたのとベクトルが違うかな…。 機能がいろいろあるように見えて端々が惜しく、今のところ変声機の域を出てない印象があります。 せめて、次の3点が改善されれば爪痕を残せたのではないかと思うのですが。 コンタクト・マイクでなくふつうのマイクなら BPMとの同期 リバーブの質の向上 ある種の映像美については以前日記にも記したのだ […]

Live起動時の ReWire エラーの修復

手順のミスか何かが原因で、Live 10を Logic Pro Xの ReWire スレーブモードで起動することができなくなってしまったので、その対処についてメモします。 Live 10の正規版登場を待ってましたとばかりにLogic Pro XのスレーブにしてWavetable をグリグリ動かしてやろうと思ったら、この始末。 言われたとおりReWireホストであるLogic Pro Xを終了し、ス […]

MPE が正式にMIDIの規格になるようで

並行進行の仕事重なり過ぎて、ここんとこ少々オーバーフロー気味。 さて、先日また書こうと思ってやめた話題、 MPE (MIDI Polyphonic Expression)がどうやら正式にMIDIの規格内に収められるようです。 Sensel Morphについては偶然、つい最近の日記更新で触れてました。 実際の資料は拝見していないので詳細はそのうち国内で発表されるであろう日本語資料を待ちます。 ざっと […]

【土曜雑記】180203

理論がどうとかって話。 理論がわかってると幾つもの技術の目的がわかってコンパクトに脳内に収容できるんで、ただ字面だけ覚えるのでなく、理解が伴われてないと使えない。 数学の公式を覚えてなくても解き方がわかってる人は公式に相当するものを導出して解けるってなもんで、導出できることがセンスだと思ってます。 トライトーンがよくないって理論と、全音3つ離れた音を同時に鳴らした響きが嫌いってセンスはニアリーイコ […]

Logic Pro X : Track Stackの保存方法

トラックスタック( Track Stack )はチャンネルストリップ設定を別名で保存では保存されません。 んもー、と思ってたら、ライブラリウィンドウの下段端の保存で保存するのが正解だそうです。 以下、雑記 先日発売になったMethuselahのNight Danceなんですが、ドラム・セットの音がどうも気に食わなくて最終的に時間切れでAddictive Drums 2を使ったのですよ。 もうちょっ […]