北海道弁の「さる」

北海道在住ってことで北海道弁の話題は雑談でも頻繁に持ち出されるんですが、ふと「さる」の言い回しで思ったことをつれづれと。

北海道方言 – Wikipedia

「さる」は自発的表現とあります。

「進んでそうしようと思っているわけではないが、状況が自動的にそうしてしまう」という心情を表せる。

北海道方言 – Wikipedia

動詞の活用そのものに「自分が悪いのではなく、対象物が悪い」の意味が内包されているため非常に便利であり、多くの場面にこの表現が当てはめられる。「この鉛筆、書かさらない」、「電気が消ささらない」

またその逆に、人に向かって注意を喚起する際、この表現を用いれば「誰が悪いとは言わないが、対象物がそうなっている」という意味合いが出せるため、相手にあまり負担を感じさせずに言うことができる。

「〜さる」は自動詞がない動詞を自動詞として使いたい北海道の人が編み出した方法ですね。だから「言わさる」は耳に馴染みはなくても北海道の文法上は合っていることになります。

北海道弁「押ささる」は便利すぎるので標準語にするべき #北海道あるある – yumulog | 社会人博士の日記 の※欄

「植える(古語ワ下二:植う)」に対する「植わる」、「据える(古語ワ下二:据う)」に対する「据わる」、「茹でる(古語ダ下二)」に対する「茹だる」みたいな、語幹に”aru”がつく自動詞他動詞対応(cf. 日本語の自動詞と他動詞の対応表 – 御光堂世界~Pulinの日記)がないものは”asaru”を強引につけて自動詞化してるってことみたいです。

自発的表現に含まれるのかな、全道的に使われる語法か不明ですが、次のような使い方も経験があります。
「書かさった!」(=なんとか書き終えた!)
「配らさった!」(=どうにか配り終えた!)
「押ささった!」(=どうにか押すことができた!)
「書かさる」は、筆記具にインク切れ等の問題があって、インクを補充したあと書けるようになったときや、書いてる最中に「書けたか?」と催促っぽい指示が何度かあってせっつかされながらも書き終えたことを宣言するときなんかに言い得ます。
同様に「配らさる」は、数が足りるかどうかわからないけど配ってみたら配るべき人すべてに行き渡ったときや、やたら時間が掛かってしまったけど配り終えたときなんかに言い得ます。
この語法も考慮に入れると、責任回避というよりも、何らかの意思に沿わない事態があったことをうっすら滲ませた語法かなという気がします。
より意思に沿わない事態であることを強調するときには「らさる」って言い回しになる傾向もありそう。「押ささる」よりも「押さらさる」って言ったほうが、自分の意思じゃない印象が強い。北海道弁としても正しくないのかもしれませんが。

あと、先ほどの自動詞他動詞対応の「茹でる」で考えると、「茹でらさる」(「ら」が欠落する可能性もあり)は、たとえばトウモロコシだけを茹でるつもりだったのにムシが紛れ込んでいて、ムシを茹でるつもりはなかったのに不本意にムシも茹でてしまった場合に言い得ます。
個人的には「茹だらさる」のほうが抵抗なく使えます。何故なら「ムシが」という主語を「茹だる」が直接取れるから。「ムシが茹でらさる」も言い得るけど、「茹でらさる」ときの「ムシ」は本来たぶん目的語で、「さる」によって「茹でる」が自動詞化されているため連動して「ムシを」でなく「ムシが」になってるのではないかと思います。
「茹だらさる」のほうが抵抗なく使えるけれども、もし「茹でておけ」という指令があってその任務を遂行したことを伝える際には「茹でらさる」と言うのが妥当かと思います。「茹だらさる」だと動作主である「私が」を取れず、むしろ指令を受けた自分が任務を全うすることなく勝手にモノが茹だり上がってしまったことを示してしまいます。

漢語や横文字使ったような言い回しは「サチる」→「サチらさる」みたいなラ行にでも落とし込まれない限り借り物感が出ますね(「着陸さらさる」OR「着陸しらさる」みたいな揺れも起きる;「着陸せらさる」くらいまで揺れる可能性もあり)。

Wikipediaの北海道弁のアクセントのとこ見てると、だんだん喋るのにも何か勇気が必要な気分になってきますね。怖。

追記:
いや、はたしてどうかなと思うのを幾つか思いついてしまったけど、いずれ(それなりに)考えることにしてひとまず列挙。

  • 死なさる:「死なす」?「る」語尾が下がらないアクセントに妙な感じ
  • 寝らさる、寝ささる:後者は一体何だ?
  • 立たらさる:何だこれ
  • 来(き/く/こ)らさる、来(き/こ)ささる:揺れがある
  • 刺す-刺さる、刺さらさる:真っ当か
  • 焼く-焼ける、焼かさる
  • 巻く、巻かさる
  • 負ける、負かさる
  • 背負わさる:背負わす(使役の助動詞が影響してる?)
  • 泳がさる:完遂の意味では使えない可能性(浸透度の問題か?)
  • 変える-変わる、変わらさる
  • 脱ぐ-脱げる、脱がす、脱がさる、脱げらさる:脱がさる、脱が(げ)らさるは北海道弁の可能性

あと、使役助動詞は動詞が五段活用するとき以外「す、さす」の形にならないとどこかにあった(Wikipediaかな?)気がするのだけど、わりと北海道だとそれ以外でも「す、さす」で言う気がする。大阪弁の影響なのかな(cf.使役の助動詞(す、さす))という気も。

自分には80年代の影響強いなと改めて思った

R.I.P. Chris Squire

そういや自分が気に入ってるプログレ曲について書いたことが無かったなと思ったのでこの機会に。まあ趣味が多少偏ってるのでベタな曲はあんまないです。

EL&P。タルカスより実はこっちのほうが好き。
あと昔SoftbankのCMでプロコフィエフによる原曲が使われてた「ロメオとジュリエット」とか。

大学の学祭でやったYesのHold On。
この80年代の編曲ギミックはかなり自分に影響与えてるなあと思います。90年代以降は曲の本筋に手を入れるような編曲ギミックが減って、装飾する傾向が強くなっていきますからね。00年代中盤以降はソニー系のリリース中心にまた本筋手入れ系の編曲が増えてる印象あります。

演奏じゃないけど、ロンリー・ハートについて語るTrevor Hornの映像も一応貼っときます。

UKは初期ユニット派。ベースはJohn Wetton。

Yes…つかABW&H、つかBill Bruford。独特なフレーズが好きで、制作で煮詰まったときに頭を柔らかくするためにたまに見ます。シンドラ使ったけったいなドラムソロは定番ネタのように見られていそう。生ドラ叩いてるときには目立たない、パラディドル中の妙なブレがシンドラでは如実に出ます。

ただのファンキーな曲かと思いきや、随所にBrand Xらしい「はぁ?」って奇妙さが潜んでます。当時のライブ映像がほとんどないのが残念です。Malaga Virgenとか、映像でみたいもの。

プログレの話になるとマニア度競争みたいになるけれど、私の場合、収集癖のほうには傾斜しなかったので、全く太刀打ちできません。もっぱら「なるほどなあ、こういう手法があるのなあ」的な見地だったと思います。

IFTTTなど雑記

アカウントは取ってましたが長らく実用性を見つけられず、今年の始めくらいから改めていじり出したIFTTT。

150627IFTTT01
150627IFTTT01

今のところ、内容編集できないtwittbotを卒業するのに活用してます。他は特に活用してないと言ってもいいかも。
@shihowomやら@rkmusic2015やらのアカウントも担当するのは実際面倒で、お駄賃をもらえるわけでもないので実はもう放ったらかしにしてるのですが、いずれにせよ、それらのアカウントでの告知内容に変更が発生したときに仕事の時間をなるべく大きく削らない程度にはIFTTTの仕組みはありがたいです。

自分の活動に連携できる範囲でいうと、別のアカウントで共有中のdropboxに新しいファイルが放り込まれたら自分のdropboxにダウンロードしてくるとか。そのレシピをとりあえず登録したけどまだ実行されてないので便利さはいまだ体感できず。

あとはsoundcloudでlikeしたものをdropboxにダウンロードするとかツイートするとかtumblr.にポストするとか。以前だと二手間三手間かかっていたものが自動化できるのならそれに越したことないなあと思います。
ちなみにfacebookでメッセージが来たらメールか何かで通知されるようにしたいのだけど(messengerだとずいぶん電池食うし)、トリガーが用意されていないので断念しました。

いざ自動化させようと思うと条件が意外とAnd条件だったりもします。「その時間にその場所で誰かがInstagramに画像をアップしたら」とか。
たぶん自分が思い至ってないだけで、有効に使えるレシピはたぶんあると思うんですが。

全然話は変わりますが。
そこそこ長いことやさぐれ気味でしたが、何かこう昨日あたりに吹っ切れて少し生気が戻ってきましたです。厄介な案件1つ2つに見通しが立ったのもデカそう。もっとも仕事量が減るわけでもないので当面シンドい時期が続くのは事実ですけど、少し消化度が変わってきそうな気がします。

Instamicがなんだか惜しい

Instamic – The Smart, Small, GoPro of Microphones | Indiegogo

Instamic – The Smart, Small, GoPro of Microphones | Indiegogo

手軽なウェアラブルカメラとして大成功を収めているGoProのオーディオ版というコンセプトらしいです。New Instamic ‘The GoPro of Microphones’ » Synthtopiaのコメント欄ではかなり手厳しいツッコミが入っています。

私も真っ先に「んなアホな」という感想を持ちました。
オーディオレコーダーはカメラほど面白い記録が採れなそう。百聞は一見にしかずとも言われますしね、音声の情報ってそんなに記録効率がよくないもんです。
それから、このサイズのマイクでどれほど実用的なオーディオデータを記録できるのかというのも疑問です。たとえばこの機器を着用してライブ会場に行って、衣擦れなど無しにピュアに安定して音響を記録できるとは到底思えないわけで、突き詰めていえば、”この機器が見事に録音できるシチュエーションにユーザー自身が置かれているかどうか”をユーザーに判断させる必要が出てきちゃいます。個人的には、そうしたユーザーごとの得意不得意や習熟度の差をテクノロジーでカバーして平坦化させていくことがイノベーションだと思っていて、その点で何のアドバンテージも無いように思えます。
ただ、「オーディオレコーダーはカメラほど面白い記録が採れなそう。百聞は一見にしかずと言われる所以」と書きましたが、それゆえに未開拓のニーズを引き当てられる可能性はあります。今のところ、インスタレーションとして、意図的にそうして記録されたものを音響加工するサウンドアートもあるにはありますがニッチです。
(写真と違って)時間ごと記録するタイプのメディア、音や映像は記録される粒度の問題をクリアしないと業務レベルのシロモノにならないのですが、粒度が粗くても楽しめる楽しみ方が提示されて、なおかつそれがInstamicでしか実現できないのであれば、耳目を集めることもあるかもしれません。せっかくのコンセプトに茶々入れてばかりになっちゃいますが、撥水性や青歯、S/N比、指向性よりもまずそこかなあと。
仮にPR画像のようにギターアンプにダイレクトに取り付けても音がいっさい歪まないとか(もしくはオーバーサンプリングの応用で、歪んでも修正されるとか)、車のマフラー近くに取り付けても汚れたり剥がれ落ちたり溶けたりしないとか、そういう話であればすげえ技術だと思います。

徐々に募る収束欲

終息ではなく、収束です。

つい最近まで全然そうでもなかったんですが、この2日くらいで徐々に何か形にせねばって欲が出てきましたよ。

この嬉しいツイートがうまいこと私の焦りを見える化してくれたってのもありますが、今夏のライブでカバーするアフロ調の曲が私のよく使うリズムパターンだった、というのも収束欲のきっかけになったと思います。後者はパクられたって意味じゃなくて、特殊なものでないことが証明されたって意味ですよ、念のため(この辺り、優しく書くのがけっこう難しいので、いずれ機会あれば)。

札幌住まいだから生活コストがあまりかからないって理由もあって、制作費のほとんどを知らないジャンルの資料集めに注ぎ込んだりもしてました。今はなかなかそうも行かんと思うのだけど、知らないものを知ろうとするのは最高に理知的な行為だと思うので応援したい(経済的な支援は無理だけど)。あ、もちろん自分が知っているものをとことん深めていったり、その仕組みを強靭なものにしていったりっていうのもステキだと思いますけどね。
私個人でいうと、数年前にアンビエントに手を出し始めた辺りから、外部から吸収するのはもうほどほどにって気分でいます。Cyclonは音ゲに関しちゃ最後の’仕事’のつもりでいた(ゆえに遺言みたいなコメントになってる)ので、’らしからぬ’ものにも多少手を出してますが、個人作や同人ではあまりチャレンジングなことはしないはず。

余談ですが、近いうち、アフロ由来のブロークンビートから、それを源とする私の勝手スタイルSkippのメソッドを少し整理しようかと思ってます。5月末の時点で初稿したためて下書き扱いにしてますが、お披露目できるのはいつになるかわかりません。