makou.com
ただいま執筆中の新たな解説本は年明け位に世に出るかも。
Featured
Sep 14, 2007

Arrogance without humility is a recipe for high-concept irrelevance; humility without arrogance guarantees unending mediocrity. Figuring out how to be arrogant and humble at once, figuring out when to watch users and when to ignore them for this particular problem, for these users, today, is the problem of the designer.
-Humility and Arrogance

Tags

Oct 27, 2014

最近の日記が反省づいてるね、なーんて、M3会場でも話をしてしまったのだけどw

■Meet 初音ミク V3にて

10.25 Meet 初音ミクV3のトーク会場(もちろん開演前)

10.25 Meet 初音ミクV3のトーク会場(もちろん開演前)

まだ記憶が鮮やかなうちに。

25日にトート音楽院さんでミクV3コース開設を機会としてお話などさせていただきました。足を運んで下さった皆様には心より感謝
音楽院さんには、いつもより高い比率で来場者さんがスクールに進んで下さることになったとご報告いただき、また来場者の中には聞けて助かったと言って下さる方がいらっしゃったりなどして、お役に立てたのなら本望であるというのが一番の感想です。書籍の前書きに記したことでもありますので、胸を撫で下ろしたというか。

正直、この上なく辿々しい説明だったことが悔やまれます。前後不覚にも程がありますよ。
思った以上に緊張してたなあと。思った以上に緊張してるってことに、話しながら気づくともうダメですね。集中し過ぎてもよくないんでしょうけど、幽体離脱気味になってw 直前に軽くオドされてたのもあるんですけどね。
前半は話すことをそれなりに整理して用意していたんですが結果的にグズグズで、喋ってる間に気持ちが割り切れちゃったってのもあるのかしれませんが、堅い話題を抜けた辺りから段違いにまともな話になった気がします。正面から来場者の様子を拝見していても後半のほうが興味深く話を聞いて下さっているように感じました。コケやすい/失敗しやすい/わかりにくいポイントに論点を絞ったのが前半だったのだけど、こういう場で全員の反応を見て理解度を確認しながら進めるってのは難しいし、まして初めてこういう場で話す自分自身に対してそれはハードル上げ過ぎだったんだと思います。
ふだんやらんことをやってみたってことは自身で評価しなきゃならんです。ひとまず今、こうして今後への活かし方や改善方法など検討する材料にとしたためとります。赤裸々に。
先ほど妻の人と話をしていたら、頼りなさがあるせいでかえって本を買って支えてあげようって気になったんじゃないの?と言ってましたが、意気込んで来てくれた方(がいらっしゃれば)流石に迷惑なんじゃないんかなあと。

トークしませんかというお話は8月末ごろに打診いただいていて、うっすらとお客様を想定して話題をまとめていたんですが、直前のアンケートで思いのほか年齢層も経験面も幅広いとわかり(一気に緊張に傾斜した一因ですが)、地域差なのか何か他の要因なのかわかりませんけども、想定との差異がどこで生まれたのかは考える必要がありそうだし、もし次に機会がまた回ってきたときにはこうした事前情報(たとえ先方が事前調査を渋っても)に神経質になりかねないなと思った次第。

■M3

ちゃんと寝てから臨んだのは2度目(もう7回も行ってるのに)。

作品的にはあまりふだん作らない感じ。気に入ってはいます。リミックスも、出来としてはもう少し遊びたかったけど、毎回作り込み過ぎて文句言われるから、妥協点としてあの位と思ってたりします。

タイトルとジャケデザと価格設定はやり過ぎ、というのが率直な感想。両隣のサークルが迷惑そうだったもの。動画作るにも抵抗あって、消されたら元も子もないってことで画像差し替えましたしね。

今回はのっけからの人いきれで、途中ついツイートしてしまったけど、出口から入場したりする人もいて運営さんが制御しきれてなかった印象です。何かあったんすかね。
一展と二展を結んでた通路が今回は通り抜け禁止になっていて一度外に出ないと行けず、ご挨拶に行こうと思っていたのに時間かかる(=その間に知り合いが来る)とマズいので、行けませんでした。
行けませんでしたで思い出したけど、いつもと同じ時刻に会場入りしたのに準備が間に合わず試聴コーナーにブツを置けずじまい。サークル同士の交流時間は必然的に開場前になるのだけど、北海道から当日入りすると(今回はSHIHOさんがそうだった)正味30分程度しか準備時間がないので、この時間が交流に取られると結構キツいなあと。なので前日入りした自分が先に入って準備しとくべきでした。油断してましたね。それでも交流時間に持って行かれそうだけど。

僕個人の、例のパイロット版は申し訳程度に置いてて、目ざとに見つけて下さった方が入手して下さいました。ありがたい限りです。
そういう依頼だったというのもありますけど、ボカロも音ゲも実験も商売っ気もヌキで作ると今のところあんな感じのものになります。生歌でルバートもの作ってみたかったし。
音を整え終わってない音源なので音質バラバラですけど(というか、違うヘッドフォンで2曲ほどミックスしたらあの通り)。
あと1曲ガットギターを生演奏と差し替えて、全体的に音を馴染ませたら完成の予定で、年内には盤にしたいところ。今回わざわざ購入してくださった方に(で完成品にご興味あれば)差額でお聞かせできるのでは、と考えています。

Tags

Oct 25, 2014

というわけで、再三?でもないか、ご報告になりますが。

http://www.thoth.co.jp/course_detail/miku001s.html
トート音楽院 渋谷校|「初音ミク V3」コース

10/25 トート音楽院渋谷校にて開講されるスクール「Meet 初音ミクV3」コースの初回のトークみたいなのやります。拙著「クリプトン・フューチャー・メディア公認 初音ミク V3 徹底攻略ガイドブック 調声からDAWでの曲作りまでがわかる本」(©2014 リットーミュージック)をベースにしたレクチャーだそうなんで責任持って話してください的な感じです。教育実習以来、大勢を相手に話してないんで、大丈夫かねえと思ってます。
今回はM3で東京に行く予定があって、この機会にとお招きくださったということですね。トーク内容を整理した限り、それなりに有益なお話にはなったかなと思ってます。

10/26 M3ですね。例のごとく、WOMに関してはたいした告知もせず、黙って動画を上げました。
たしかに、こちらもそれなりに面白いものにできた感じではあるんですけど、ぎゃあぎゃあ告知するのも好きじゃないので、相変わらずそっと出しです。
あと、結局まだMIX途中段階ですが木村留花アルバムのパイロット版みたいなのを10枚ほど作りました。荷物が既に手土産だらけで満タンなので、20枚焼く予定が10枚で終わってます。旅費の足しにしたいのとメディア代ってことで、完成品でもないのに¥500の値段つけてます。完成品を所望される方にはTwitterのDMでも送ってもらって、差額で購入できるようにしようかなと思っているところ。前にも書きましたが道外への流通予定はありません。

10/27 イベント事はないんですが、某社に打ち合わせに参ります。次なるプロジェクトのことなど。

先週先々週と、リハやらミックスやら制作やらの同時進行でどうにも気が休まらなかったわけですが、明日というより今日、朝起きたらすぐ飛行機乗って飛んでいきますよっていう現在の段階で、やっと休憩時間取れてるんですね。
気が休まらなかったのは確かで、申し訳ないことにリハも1度お休みさせてもらいましたけども、この詰まり具合に慣れたっていや慣れました。それは事実。27日に札幌に戻ってきてもまだそこそこ忙しい状態は続くものの、ちょっと経って一段落がついたら虚脱状態がまた訪れるのかもしれないし、息つく暇もなく次から次にやることが増えていく可能性もあります。
いま現在、ボカロ関連で一つ打診いただいてるのがあって、こちらは11月に入り次第、リハビリよろしく制作に入ろうかなというところです。ああ、あとアルバムのほうも大詰め迎えますし、きっちりまとめましょうね。

Tags

Oct 22, 2014

雑記をTumblr.に書くのが結局まどろっこしくなってしまったので日記のほうに書くことにします。
あともうちょっと何か書いてから記事アップする予定だったけど、ゆとりなさ過ぎな状況ですんでこのまま。アクセス数も落ちてるけど、もう知らん。

【動画あり】色んな楽器の超絶技巧曲をあげてってみんなでしびれようぜ!!!:キニ速

昔のブクマ探したんだけど、ラフマニノフを弾くValentina Lisitsaの動画(だと思う)が見つかりませんでした。個人的にはアレがベスト。
これも見つけたのでぺたり。→テンションが上がる早弾き演奏動画のURLを教えてください。 条件… – 人力検索はてな難しすぎてプロも避けるような「超難易度」ピアノ楽曲5選 – NAVER まとめ

フランツ・リストに関しては、先月書評でこういうのが上がってましたけども。→【読書感想】フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか – 琥珀色の戯言
ラ・カンパネラは昔バンド用にアレンジしたこともあって(もちろんピアノ習ったこともない自分が弾くには限度があるってことでだいぶ簡単にしましたが)思い入れがあるんですけども、たしか楽譜に示される難度としては愛の夢のほうが上だった気がします。編曲によるのかもしれませんが…。

ラ・カンパネラの譜面のほうが確かに迫力はあります。鬼火もたいがいですが。

こっちもいちおう。

と、ここまでは余談として。ブコメにも書いた、ユーフォのフィーチャーされた「パントマイム」って曲を初めて見たんですが、すごくヤマハっぽい曲だなあと…。伝わる人には伝わりますかね。

昔ね、C社で携帯の着メロのサイトに携わっていたときに、面白いの作るやつがいるって感じで当時のJ-Phoneさんやらヤマハさんに知ってもらえたんですけど、デモ曲のお話を請けたときに「内製で作るとヤマハっぽい曲になって全然面白くないので」って言われたのがすごく印象に残ってるんですね。
日曜の朝に、今もやってるのかな、TVでヤマハのミュージックコンサート的な番組やってたじゃないですか。どの人もうまいしすごいオリジナル曲を作るけど、何かこう、自分が面白いと感じる曲とタイプが違うなあと漠然と思っていたわけです。自分がそう感じただけだと思ってたし、「面白くない」と他人を評するのも好きな行為ではなかったので、当のヤマハに勤めておられる方が「面白くない」と言ったのに結構ビックリしました。

よく知らないんですが、スパークって方はイギリスの作曲家さんなんですね。イギリスの作曲家さんていうと、「威風堂々」や「愛の挨拶」のエルガーと、組曲「惑星」のホルスト以外に有名な人いませんよなんて話をよく聞くんでなんだか新鮮です。
面白い面白くないはさておき、ヤマハっぽく聞こえたのがなんでかなあと少しだけ考えて、ハーフディミニッシュがちょこちょこ出てくる箇所が幾つかあるけど比較的素通りに近い状態で進んじゃってるのと、装飾音符があまりないためかなあと。ユーフォって装飾音符付きで吹くの難しいのかもしれませんね。時間できたら少し曲をあさってみたい。
余談だけど、上の音程から来る装飾音符ってあんまり使われてる印象がなくて、近年僕はよく使ってます。なんかチックコリアっぽくなる。

Tags

Oct 17, 2014

昨日は、立て込んだ作業中にいろいろとやられました。まとめておくと…

  • Dropboxで共有中のプロジェクトデータをLogic Pro Xで開いて作業していると、タイミングによってはプロジェクトデータが空っぽになる(代替バージョンの処理中やプロジェクトの整理”Clean Up”は要注意かも)。
  • 代替バージョンからインポートしたDrummerトラックは、Drummerの設定がデフォルトのままになってる。ゆえにフレーズが変わっちゃったりするので、インポートしたあと、元プロジェクトのトラックの設定やドラムセットの設定をコピペしないといけない。
  • コンピングを施したオーディオトラックを別プロジェクトでインポートすると、消せないコンプリージョンが追加される。これはコピペで対応できるが、整合性を保証しかねる。

忙しくて再現実験を細かくやっていないので、特定の条件下で起きる現象かもしれません。ちょうどややこしいプロジェクトデータを扱っている時だった上、クラッシュしまくって半ギレで作業してました。

Tags

Oct 16, 2014

どうもメールチェックの間にMacがやたらめったら重くなったりして芳しくないということで、改めて自分の環境をチェックしてました。というか、以前設定していたことを忘れていたりしたのでメモ。

自分の環境としては、AppleMailで以下のアカウントを使用。

  • iCloudのメール1つ
  • この日記と同じドメインのメールを用途別に3つ
  • Gmailを用途別に3つ(原則、Gmailアドレスの共用は禁止されてるけど、他3名がチェックしてる気配ないのでやむなく一人で担当)
  • 出入りしている事務所用のメール
  • 最後にプロバイダからもらってるメール

iCloudとGmailはimapで使用していて、このドメインのメールもIMAPで一時使用していたんですが、基本、Mac使用時はMailを立ち上げっぱなしでその間サーバにプロセスが立ち上がりっぱなしなのが何となく気持ち悪いってことでつい数日前にPOP3に変更。

WindowsのThunderbirdではメール受け返しをしないようにしてます。
iPhoneではMailでiCloudとiPhone用メアドとだけ、Messageはさておき、MailboxでGmail2つを受けるようにしています(直近の更新で既読状態が一時おかしくなりましたが、さっき治りました)。

GMailの表示設定

GMailの表示設定

ちょっと面倒なのが、GmailのラベルはAppleMailでいうメールボックスになるというところ。
AppleMailのメールボックスにGmailの個々のラベルを表示させるかどうかは、GmailのSettingのLabelsのShow in IMAPのチェックボックスで決定します。Show in label listとSho in message listはWebで見た際の動作に関してだけですよね。
で、Show in IMAPをオフったものは結局AppleMail内で見られないのであんまり意味がなさそう。Gmail上でアーカイブした上でラベルが付けるフィルタを設定して、アーカイブはShow in IMAPをオン、個々のラベルはShow in IMAPをオフにしておけばいいかなあと目論んでますが、まだ確かめてません。

つい最近の一時期、事務所のメールをGmailで受けるようにしていたんですが、そっちのメールボックスは複数の接続がNGだったり、そのメールをAppleMailで返信しようとするとGmailのアドレスでの返信に置き換わったりしてよろしくないので、元に戻しました。

ちなみに、Gmailの画面の左下にG+のアカウントが表示されているのはチャット機能やハングアウトで、これはoffにしてしまえば煩雑な感じが軽減されて個人的にはとってもよろしい。

最近仕事や個人的なやりとりがfbのメッセンジャー経由、Twitter経由、メール経由、iPhoneのメッセージ経由、あるいはそれらが途中で乗り換え、といった感じでかなり雑然としてきていて、整理しないと連絡関係だけで頭がパンクしてしまいそう(TODOとカレンダーももちろん使ってるけど)。整理しなきゃとは思うものの、その前にやらなきゃいけない作業を優先しているうちに一日が終わってしまう感じです。

cf. mac: Mailの表示が遅いので。 « 女王様のご機嫌

Tags