Sync 音色

古臭さを出すために一時期Sync音色をよく使ってたのに、2,3年前から頻繁に聞くようになってしまいました。ちぇ。 通称SyncとされるのはOscillator Syncのことで、だけどソフトシンセにしてもハードシンセにしてもKey SyncやTempo Syncなど似た用語が盤面に記されていて、詳しくないひとにはちょっとわかりにくい。 Sync 音色の考え方 オシレーターのピッチを、鍵盤と違うピッ […]

Scone Diff (更新分抽出アプリ)

Web制作者のためのアプリ とcolissで紹介されていたのだけど、自分のお仕事では使えないんだろうかと思って触ってみました。 どういうソフトを使って、どういうふうにローカルでデータ管理しているかにもよるのだけども、少なくともうちの環境では工夫さえすればふつうに使えそうでした。 Logic Pro Xのプロジェクトフォルダを突っ込んでみたところ、Logic Pro Xプロジェクトファイルのような一 […]

俺的 制作の日常

この間「作り始めってどうなの」と質問されて、ざっとしか考えたことないと気付いたので、自分のケースを晒してみます。 リズムリフから作る DAWを自分で買ってはじめのうちは既存の曲を打ち込んでみたり、過去に自分が別環境で作った曲を打ち込んでみたりしたもんですが、そのうちリズムパターンを打ち込んでから気ままに他パートを重ねていって作ることが多くなりました。 その意味で、この手法が自分にとってオーソドック […]

サイドチェーンゲートによる疑似フレーズ裁断

大した話題ではないのだけど、ここ1年ほど自分がよく使用するサイドチェーンゲートについて。 フレーズ裁断は以前からよくやっていて、いったんBounce In Placeしてナイフで切るか、サイドチェーンでのゲートを使用するのがお決まりでした。 いつぞやのLogic Pro XのアップデートでようやくMIDIインストからのサイドチェーン信号を受け取れるようになり、格段に手間がかからなくなって重宝してま […]

気になった機材関連ニュースなど

案の定、忙しくなってくると気になるニュースが増えてきます。 一個一個追ってる時間まではなさそうなので、ざっとだけリストアップしておきますね。 RA: ニュース: Discogsがアンオフィシャル・リリースの取り締まりを実施 海賊版等の不正なアイテムがマーケットプレイスに出品されていたようで、その取り締まりが強化されるらしい。 VSCO Pro とあるサイトで紹介されていたので音を聞いてみたら、他に […]

(俺ドリル的)コードいじり

しばらくこの手のテーマを扱ってなかったので備忘録兼ねてコード進行、特に積み方の話でも。 よくある、そして大変いじりやすい、♭VI – V7 – Im の形(♭VI – V – i )のバリエーションをただ羅列してみる。俺ドリル的な。 コードとりあえず割り当てて C – B7 − Em としときますか。 両手パターン とりあえず左手でもルー […]

映像音響のドキュメンタリー制作資金が募られている

Kickstarter: Making Waves / The Art Of Cinematic Sound によると、クラウドファンディングサイトの老舗 Kickstarter を通じて、映画の音響制作の歴史や美学をテーマとしたドキュメンタリーフィルムを作るにあたっての資金が募られているようです。 » MAKING WAVES: The Art of Cinematic Sound by Ain […]

近況 170828

先週土曜日に更新しようと思って忘れてました。 学校の夏休み中に、 ビアガーデンでのお仕事2つ パークジャズのライブ3つ 町内会レベルのお祭りのライブサポート1つ 学生や卒業生と飯 個人レッスン 某アニメに使われる音源のボーカルレコーディングのディレクションをサポート(音源自体は自分の担当だけど窓口が別なのでサポートとしておく) などしてました。 現状書いてOKレベルの予告としては… 7月末にDJM […]

潔い手製シンセ、 The Hod Shed Monster Synthesizer

新しい使徒かな。 という出で立ちの荒々しくもシンプルなハードウェアシンセモジュール。そして板。 その名も The Hog Shed Monster Synthesizer 。 いわば4chでWavetable(25音色)方式でシーケンサー内蔵のテルミン。 潔くてとてもよい。 動画で確認できる限り、基本鳴りっぱなし。 距離でピッチを指定し、上部のボタンでLock/Unlock、向きを変えて設定を登録 […]

【レビュー】Three-Body Tech “Heavier7Strings”

気になってたメタル系のソフトウェア・ギター音源、 Heavier7Strings を導入しました。 Heavier7Strings いかに? 価格 価格が現在特別価格扱いで2万円程度。 同じ部類の音源に当たる Vir2 Electri6ity がパッケージ版で5万5千円程度、MusicLabの RealEight 4 がエフェクター機能を備えていないこともあって2万円半ば弱、ってのと比較すると、妥 […]