DJ Swivel “The Sauce”

製品紹介の動画を見てたら悪くなさそうだったので、DJ Swivelの The Sauce をデモってみました。
Vocal SeasonerのSeasonerとは「味付け」のことですね。だからSauceなんでしょう。醤油顔だのソース顔だの昔流行りましたけど言語感覚が近いかもしんない。

DJ Swivel – Products by DJ Swivel
DJ Swivel – Products by DJ Swivel

結論としては、まあまあ使えます。
EDMなどのボーカルギミックに手っ取り早く使えますし、あと仮歌を整える時間を節約したいときにもよさそう。ピッチ修正は別途やんなきゃですが。
本ちゃんでは…どうかな。そこまで悪いもんでもないので、勇気あれば…ですかね。

先だってNectar 3を入れた僕ですが、あれこれバリエーションを試したものの、好みの音にするには結局従来のエフェクト群を従来の設定値で使わざるを得なかったり、歌唱に細かな変化を与えるのにかえって手間がかかったりってことで、実はあまりアップデートの恩恵を受けてません。
でもUnmaskが秀逸なんですよねえ…。

話戻って、Multibandの機能が無かったら、Nectar 3など他にボーカルミックス用プラグインがありさえすればThe Sauceの出番はないと言えます。
だけどこのMultibandがオイシイんです。
各パラメーターについた独自の名称ですが、FLAVORはピッチシフト、DRIPはディレイ、SPICEはサチュレーター、SUGARはモジュレーション、SQUEEZEはコンプ、SMOKEはリバーブにあたり、MultibandがOnのときそれぞれの帯域に別々の値でかけられます。ここがキモ。
惜しいかな、モジュレーションの速度やディレイのWidth、コンプのAttack, Releaseなど各パラメーターの設定が軒並み出来ない。無難な設定値ではあるんですがね。
The Sauceを「まあまあ使えます」と書いたのはそれが理由です。
もう1つ惜しい点を書くと、Multibandをいったんオフると設定が初期化されちゃいます。
なので、初期化されちゃう点の改善と、各パラメーターの細かい設定が可能になれば、意外と定番ツール化の可能性があると思いました。

以前紹介したAudifiedのToneSpot Voice Proも低価格帯ながら機能面が充実していて(✎参考 Audified “ToneSpot Voice Pro” – makou’s peephole)、同価格のこのThe Sauceはどうかというと「細かいこと気にせず、ワッと片付けちまいたいときにラク」って印象です。
細密な音楽を好む人にはコスパ悪いですが、ガンガン作っていってすぐペイできる人には好都合と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください