Matt Tytel によるWavetableシンセが年内に出るかも

またWavetableシンセかいと思ってたら、Helmでこの界隈の面白さを見せつけた Matt Tytel によるオープンソースのものらしい(✎参考 Matt Tytel “Helm Free” Review 💭 – makou’s peephole)。

その名はVitalで、その説明を見るとただのWavetableシンセじゃどうもすまないらしい。
ツイートを見ると、こんな具合で、

全体像どころか音色作成の作業フローさえまだわからないのですが、物理モデリング、ボコーダー、スペクトラルモーフィングがこんなに滑らかに操作できるんなら、Wavetableにやっと次の段階が訪れたといっていい。
Helm Freeは面白い機能ながらグラフィック絡みの重さが若干ありました。この辺りが的確に最適化されているなら、Serumに代わって安価で手軽なシンセとなり得そう。

予定では2020年中のリリース。なので、まだだいぶ先の話かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください