🆓 Yum Audio “Spread light”

ドイツのYum Audioってとこが、 Spread Light というイメージャーをフリーで配布中です。

これは同メーカーのマルチバンド・イメージャー、Spreadのライト版でシングルバンドつまり全帯域のみに対するイメージャーですね。MS方式とHaas方式を切り替えられ、ゲインと強度を調整可能になっています。
ちょっと試してみたところ、オートメーションの記録ができない仕組みのようなのと(オートメーションカーブを描くことはできる)、Haasは動かすとグリッチーになるのと、MSにせよHaasにせよ広げすぎると爆音になりやすいので、使うなら自由に動かすよりも設定してそれっきりの使い方のほうがよさそう。というか、iZotopeのImagerを既に所有しているならそれと別に持つまでの必要はなさそうに感じました。
Light版ではないSpreadも傾向としては一緒で、広げると音量が上がります。その分のTrim設定はないので前後にEQを挟むなりマルチバンドコンプを挿すなりする必要があると思います。


今日はもう1個、Brian FunkがAbleton Live用にウィンドチャイムのインストゥルメント・デバイスを作ったことにちなんだことを書こうと思ったんですが、どうも時間が足りそうにないのでいずれまた機会があればほんのり書こうかと思います。と、いっても誰でも考えればわかりそうなことしか書かないでしょうけど。