Valhalla Delay が2.1にアップデート

愛用してるValhalla DSPの Valhalla Delay が2.1にアップデートして、アルゴリズムが2つ追加になってます。

アップデート前のアルゴリズム群も大概素晴らしかったんですが、今回新しく追加されたQuartzとPhaserDDLも面白い。前者はエコー成分がクリアなままフィードバックされていく感じ、後者はサイケ調のフェイザーがかかります。
Valhalla DSP製品は、搭載/追加されるアルゴリズムが多く、更新ごとに一貫性が崩れていく印象もある(Tone2も似た感じ)んですが、軽やかな質感がほかに代え難く、迷ったらコレって感じで使っちゃいます。
すいません、ちょっと嘘つきました。最近までNIのReplika XLを標準で使ってました。これはこれで、小さな操作画面に、複数のアルゴリズムとStereo WidthやFeel(プッシュ/プル)など、自分が必要と感じているすべてのパラメーターが備わっていて重宝してたのですが、最近どうも特定状況下で極端に音量が小さくなっちゃうのが気になり始め、Valhalla Delayを含めた幾つかを取っ替え引っ替え使うようになりました。その中で、扱いやすいのは事実です。
とはいえ、Replika XLにあったようなFEELがないのがちょっと不便。代わりにDIFFを少し上げて散らすことでカバーしてるんですが、思うイメージと変わって室内感が出ちゃうのが残念なのです。心にゆとりがあるときはDIFFを上げる代わりにLogicのSample Delayでタイミングをズラすのですが。

ともあれ、超ロングリバーブにもできちゃう汎用性も、地味ながら効果的なERAパラメーターも便利なので、今後とも愛用していきたいですね。