Logic Pro : Binaural Pan 用法まとめ

Binaural Pan とは

Binaural Pan とは、ひっそりとLogic Pro Xに備わったPanモードの1つ。

立体音響チックなミックス

必要になる場面がそんなになかったこともあって、かなり久しぶりにニセ立体音響チックなミックスをしている最近。
昨夏iMac環境に移行し、以前よく使っていたWave Arts Panoramaも使えなくなってしまった(そもそも64bit対応してないので時間の問題だった)ので、何かそれに変わるものはと探していたのだけど、Noise Makersくらいしかなかった。

Logicのアウトプットリスト

Logicのアウトプットリスト

ニセ立体音響チックなミックスが久しぶりとは書いたけど、Stereo Spreadやら遅いModulationエフェクトで遊離させるのはちょくちょくやっていた。
ちなみにStereo Spreadとよく似た効果を出すNugen AudioのStereoplacerというのもある。

実はLogic Pro Xに標準で備わった Binaural Pan

話は戻って、そういやLogicのチャンネルストリップのStereo Outputって箇所はBinaural Panを含むアウトプットモードの選択ができたのだと思い出した。
Logic Pro Xヘルプには「『詳細』環境設定で、『サラウンド』を選択すると表示されます。」とあるが、少なくともうちでは「サラウンド」のチェックが外れていてもバイノーラル・パンを選択できた。

Binaural PanモードにするとPanノブの表示が切り替わり、そこをダブルクリックすると制御ウィンドウが開く。

操作方法と注意点

現バージョンではスクショのような画面で、Planar(平面)とSpherical(球面)の2つのモードを選択する。
印象としてはSphericalのほうがよさそうだが、このモードはSizeと位置のみがマウスでコントロール可能(Control画面に切り替えればもう少しパラメータが増える)で、平面の傾きや距離も簡単にマウスコントロール可能なPlanarのほうがミックスやお遊びとしては扱いやすい。

🔔 Sphericalモードの描画は正距方位図法のようなもので、示された円の最も外側は南極…とはいかないまでも下20°までであることに注意が必要。
いずれのモードとも、Option+ドラッグで値が初期化され、Shift+ドラッグで円周を描くような移動が可能になる。

Dopplerは早い話ディレイ音を制御する。
なので、ES2かなにかで少し高めの音程の鋸歯波を鳴らしながらBinaural Panをグリグリドラッグしたら、蚊が飛んでるような効果を簡単に作れる。
音楽的には少々邪魔な機能だけど使い方次第で少し違った印象を与えることもできる。
たとえばこのBinaural Pan自体はプラグインエフェクトではないのでDry/Wetのバランスを取ることができない、というか常識的に立体音響が素の音響と同時に鳴ることはないのであり得ない音響を産出することが可能になる。Busセンドした無加工の音と混ぜ合わせればDry/Wetと同じことになる。Dopplerがディレイ・タイムに関わってくるのだから、結果としては定位を伴ったフランジング効果が得られる(あんまり早く動かすとダメだけど)。実用性としてはいかがなものかって感じだが小ネタとして備えておくにはいいかもしれない。

この辺も踏まえていずれまたステレオギミックの記事を更新してみようかなとか。

Interactive Audio Software