Ample Sound 製品の Channel Mode について

Channel Mode が、当サイトの検索ワードにずっと残ってて気になるので記しておく。

Ample Sound 製品のインストールデータ

Ample Sound製品の音源データ自体は、インストール時に特に設定を変更していなければホームフォルダの隣の「共有」の下にインストールされる。

/Users/Shared/Ample\ Sound/

ただし初めてインストールする際に音源のインストール先を変更していた場合、その後アップデータがその変更した場所をきちんと参照してくれるかどうかは、メーカー次第なのでわからない。
Native Instrumentsのような大手ですら、デフォルトの場所に追加音源等をインストールしてしまうアップデータを配布した過去があるので、マイマシンにトラブルがあった場合に自力で解決できる自信がないならばユーザー自身がインストール先を変更するのはあまりお勧めしない。
有名無名問わずメーカーがだいぶ増えてきた近年、開発能力のあまり高くないメーカーもあるだろうし、自衛を心掛けたほうがいいだろうとは思う。
システムディスクの空き容量が心配な場合にはシンボリックリンクを使うのが現実的な自衛かなあ。

※バージョン1の間のAmple Sound製品は「アプリケーション」のAmple Soundフォルダの中に音源データ(シーケンスパターンだけかも)がインストールされたような気がする。記憶が曖昧なので申し訳ないが、とりあえずインストール後に少し苦労した記憶がある。

Channel Mode とは何か

で、だ。
Ample Sound製品で音が出ない現象がそこそこ起きているようで、上述の”インストール先の問題”以外で疑うとしたら次の2点。

New install of AGG2 and AGM2 but no sound!! (Topic in the ‘Ample Sound’ forum) | KVR Audio Forum(https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=245&t=480650)という記事におけるメーカーの回答は次の通り。

報告ありがとうございます。
Ample Guitarは、おためし版の使用中、インターネットに接続されている必要があります。
おためし版は7日を過ぎると使えなくなります。

Ample bass pII (Topic in the ‘Ample Sound’ forum) | KVR Audio Forum(https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?f=245&t=480650)では特定の鳴らし方をしたあと音が鳴らなくなるという報告があって、次のように回答されている。

Riffer Preferences(ABYIIだと下部にある歯車アイコン)上のMIDI output modeをStrman modeに変更してください。
Channelモードは、setting panelにあるMIDIギター機能を自動的に開くもので、各弦をMIDIチャンネルに対応して鳴らす仕組みになっているのです。

とのことだ。お役に立てば。
MIDI output modeというのはおそらくExport modeのことと思われる。

余談だが、Real Guitarが先日アップデートされたけど、ホストアプリケーション(DAW)のサンプリングレートが48kHzを超えた場合に音が鳴らない仕様は改善されたのだろうか。