J74 HarmoTools [M4L]

Chord Mapsのことを書いたばかりですが、Max4Live環境向けにJ74から HarmoTools という面白げなものがV2.0として登場。ドネーションウェア(寄付歓迎)ですね。
素っ気ない見た目のものが多い(印象のある)M4Lデバイスの中にあって目を引くスッキリ加減。

幾つかのデバイスの詰め合わせであるため一口に「こういうもの」と説明しにくいのですが、代表的機能は「調の検出」と「調の反映」といってよいのではないかと。
なのでJ-Popみたいにコード進行が複雑なものとなると力不足かな…と思ったものの、同梱されたデバイスの数がけっこうありますんで、組み合わせることで威力を発揮する可能性もあります。

導入手順を簡単に記しておくと、上のWebページの太文字のClicking Hereをクリックしてアーカイブをダウンロードし、取り扱いやすい場所に移動したらAbleton Liveを起動してフォルダごとウィンドウ内にドラッグ。
何ができるか、何が起きるかは、フォルダ内のHarmoToolsTEST Projectにある.alsを開いてみるといいでしょう。

たとえば上の1つ目の例だとMIDIキーボードで鳴らした和音に合う形にベースラインが移調されますし、上の2つ目の例だと鳴らされるコードによって調が確定されベースのフレーズが修正されていきます。
まずはこれらの例で使われているデバイスとその使われ方をつぶさに見て(場合によってはMaxで中を見て)少しずつ活用方法を編み出すのがよさそうです。

HarmoScale J74
HarmoScale J74

ちなみにこちら、HarmoScale J74に備わったスケールのリストですが、雲居調子、陰旋といった渋いものもリストアップされてます。hirojoshiとなってるのは平調子ですかね。

もう少しあちこちいじってみて、凝り固まった頭に何らかの刺激を与えられる要素がないか探ってみようと思います。