Logicの Chord Trigger で鳴る音をキャプチャー

途中まで書いて地震で中断した記事を書き遂げ。
自分の手癖と違うコードやコード進行をと思って、Logic純正のMIDI FXである Chord Trigger など試したのだけど、いちばん刺さったのはKorg GadgetのLisbonでした。

ほか関連で、スケール、コード補助について徒然コード進行アプリ Suggesterで取り上げたサードパーティ製のものなどあります。

DAW(手持ちのもの)でChord Triggerに相当する機能

LogicのMIDI FX、Chord Trigger

LogicのMIDI FX、Chord Trigger

Studio OneのChorder

Studio OneのChorder

Korg GadgetのLisbon

Korg GadgetのLisbon

CubaseのMIDIプラグイン、Chorder

CubaseのMIDIプラグイン、Chorder

Cubaseのコードパッド

Cubaseのコードパッド

Cubaseのコードトラック

Cubaseのコードトラック


Chord Triggerだけで有名曲弾こうぜのノリ

Logic Pro Chord Trigger Presets Archives – BLOG.

こういうサイトがあります。以上。

Big Band – Auto Harmonizeは、インテリぶるLogicのStudio Hornsに比べると愚直でよい

Studio Oneのマルチインストゥルメント、Big Band – Auto Harmonizeはなかなか面白くて感心します。

Studio Oneのマルチインストゥルメント、Big Band - Auto Harmonize

Studio Oneのマルチインストゥルメント、Big Band – Auto Harmonize

Logicで新しく加わったStudio HornsでAuto Voice Splitを設定したときのような動作ですが、それよりもずっと雰囲気があります。
Studio Hornsの場合は和声を自分で作り、各楽器に分散させるときにはじめて仕組みが機能するのですが、Big Band – Auto Harmonizeは悪く言えば愚直に和声を自動で構築して各楽器に分散させる仕組み。
変な話、Chord Trigger機能を持つLogicのStudio HornsにはChord Trigger機能がなく、同様のものはStudio Oneに備わってることになりますね。変なの!

LogicのStudio Horns

LogicのStudio Horns

先々月くらいにラテン(Cuban Salsa)っぽいデモ曲を作った際にホンセクパートをStudio Hornsに担わせたら、さしものiMacでもどうやら処理し切れなかったようで、途中から音が出なくなりました。結果、没になってよかったけど。

前にも少し書いたように最近追加になったLogicの機能はDrum Kit DesignerにせよDrum Machine DesignerにせよVintage Mellotronにせよブラックボックス率が高くて、こうした実用上のトラブルが起きた際にお手上げなんですよね(なるべく解法を見つけてこの日記に綴っていきたいとは思うのですが)。

そもそも今日の日記は前提として「自分の経験を押し退けたい」って話なので、Studio Hornsのような仕組みは今回に関しちゃ目的に沿いません。

Chord Trigger の実音をキャプチャ

言いたいこと

言いたいこと

本題。
LogicのChord Triggerも先ほどのStudio OneのBig Band – Auto Harmonizeもだけど、実際に打ち込むMIDIデータってノート1個分になってしまいます。
CubaseのChorderは確かMIDIデータにコードボイシングが反映されるんですけどね(違ったかな)。

どちらが便利とは判断し難いのだけど、僕みたいにDAWをまたいででも何かを仕上げたいって変わりもんには、DAW間でのデータ受け渡しの際にコードボイシングがSMFに実データとして反映される後者の仕組みのほうが圧倒的に都合がいいです。

この辺りに実装されるといいのにね

この辺りに実装されるといいのにね

同じような変わりもんが海外にもいるようで、「Chord Triggerで押さえられてるコードをキャプチャしたいけど方法がないよね」という掲示板への書き込みをいくつか見かけました。
キャプチャ機能を持つMIDI FXのArpeggiatorを挿してゴニョゴニョしてみたのだけど、やはり現状、複雑なフレーズには対応し切れません。
そしたらCableguys “Kickstart”で書いたような”IACドライバー経由”がいいと動画を上げてる人がいました。

IACドライバーは内部MIDIパッチャー風に使えて便利なのだけど、タイミングの正確さにやや不安があるので、これもやっぱり複雑なフレーズをキャプチャーできる保証がありません。
この動画のコメント欄を見たら「MIDI FX Freezeってのが手っ取り早いぜ、フリーだし」ってのがあって、これがドンピシャでした。純正として備わってもいいくらい大事なものじゃないかな、これ、と思います。

MIDI FX Freeze (free)

MIDI FX Freeze (free)

おまけ:自家製Chord Trigger

僕が使うようなヘンチクリンな和音を登録したものをアップしときます。
Audio Music AppsフォルダのPlug-In Setting内にChord Triggerってフォルダあると思うんで、そこに.pstファイルをぶっ込んでください。

» 180907CT_PST (zip)


※地震起きる前の段階ではもう少しいろいろ書き添えてあったんですが、予約投稿設定をスマホからオフるときに失敗したようで(輻輳?の影響で記事の読み込みが中断していたのかもしれない)記事の後半が散佚しました。
たしか、こんなことを書いていたはず、文脈は忘れました。

以前、自分が作らなさそうなコード進行を作ろうってことで、コード2つずつ切って作り進めるってことをした。
1つずつデタラメに並べるのは無意味。一方、3つ以上並べて作ろうとするとおそらく無意識に調性の束縛を受ける。だから、あるコードを1つ置いたらそれにつながる次のコードを置き、今度は1個めのコードを忘却の彼方に追いやった後に2つ目のコードにつながる3つ目のコードを置く。で、しかる後に生命線たるメロディーを作る(元来本末転倒なのだけど)。
面白かったし収穫も多大ではあったけど、もう済んだ訓練なのでこれはもういいや、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です