【採譜】Snarky Puppy – What About Me?

ひさびさの採譜チャレンジは、Snarky Puppyの What About Me? 。
Lingusはこちら

手練のミュージシャン集めたらどこまで出来るのかみたいなSnarky Puppy。
上の動画の曲の気になった部分をざざっと採りました。
例によって見やすくする工夫はそんなにしてません。
ページ数増えちゃったのでPDFをぺたり。

160128SPWAM(PDF), 160128SPWAM(MIDI)

Snarky Puppy "What About Me?"
 Snarky Puppy “What About Me?”

ギターのG弦解放が活かされたイントロのコード。それから、曲の中盤のキモになるフレーズがベースのリフで伏線になってます(もしかしたら逆かも。ベースのリフからあの中盤のフレーズが作られたとか)。

思い起こせば大学のとき、StingのBring on the Night(ライブ)のサビ部分で奏でられる和音が聞き取れず先輩にたずねたのでした。その後、なんか悔しくて和音を聞き取る練習をひたすらしたので和音はそれなりに聞き取れるようになりましたが。で、Bring on the Nightのフレーズっぽいコードリフがこの曲でも用いられてます。興味ある人は聞いてみて。

曲中で最初に登場する5つ割りフレーズ。いわゆる”予習”としての構成といっていいでしょう。

僕もよくやりますが、メロを乗っけたままメジャー7thのまま並行進行させる手法。僕の場合はリディアン色強めに出しますが。
ちなみにプレイヤーはヘッドフォンしてますが、テンポの揺れがかなりあるのでクリックが鳴ってるわけじゃなく、演奏をモニタリングしてるだけと思われます。ドラムの抜けるこの箇所はけっこう揺れてて、この譜面でいう最下段の左端小節の2拍目は16分なのか8分なのか判然とせず、自分なら16分でフレージングするって理由でこのように採譜しています。

5つ割りリフ箇所で暴れまくるドラムソロもざくっと採譜。
ネット探すと本職ドラムの方が採譜したものやドラムカバーした動画なんかも引っかかるので、信用度の高いものをお求めであればそちらをご覧ください。

次の採譜、いつになるかわかりませんが、それまでに飽きなければ「ALEX HUTCHINGS – HAPPY DAYS – YouTube」を題材にしようかなと(目的はソロフレーズの採譜)。