Web AudioでVSTプラグインを鳴らせる(?)時代に突入

イギリスで10/6から開催されているSynthfest 2018で、Webブラウザ上で動作可能となったバーチャルインストゥルメントが紹介された、とSonic State.comが報じています。
Web Audio Modules | community site で実際の動作を体験できます。

Synthfest 2018: Web Audio - Virtual Instruments In The Browser
 Synthfest 2018: Web Audio – Virtual Instruments In The Browser
Web Audio Modules | community site
 Web Audio Modules | community site

サクサク動くぜ!と言い難い場面はあるものの、音質もMIDI鍵盤からのレスポンスもとても良好。
とりわけTAL-NoiseMakerはモノラルながらリバーブ感も備わっていてなかなか雰囲気があります。
これなら普通のAU/VSTバージョンをゲットしてインストールしちゃおうと思ったくらい。あ、フリーじゃん、NoiseMaker。

思う壺というか、Web Audio Modulesの中の人も「何日かで使えなくなっちゃうデモ版よりも、Web Audio Modulesを通じて販売促進してくれたらよい」と考えているそうです。

IAC + Soundflower でLogicに録音できるか実験
 IAC + Soundflower でLogicに録音できるか実験

MacのAudio MIDI設定でIACドライバをオンラインにし、Macのサウンド設定でSoundflowerを出力に設定し、Logicに外部MIDIのトラックを作成してIACドライババスを設定、Logicのオーディオ入力にSoundflowerを設定してWeb Audio Module上の音源をシーケンスデータとして鳴らしてオーディオ録音できたこともついでに報告しておきます。

まだまだ複雑なシンセサイザーの再現は難しいかもしれませんが、より手軽に扱えるようになるなら歓迎しないわけにはいきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です