「これからのスタジオオペレーション」セミナーの予定(海外)

どのくらいの人が興味を持たれるかわかりませんが、Sound on Soundマガジンに「Free online seminar from NAMM – Recording Studio Operations In A Post-COVID World」と冠されたセミナーの案内が載っています。
開催日は、日本時間だと5/29の朝4時(たぶん)。

Free online seminar from NAMM
Free online seminar from NAMM

ウェビナーのレジストレーションページの説明をざっくり訳しておきますと、

長時間の密な作業、機材の共有を強いられるレコーディングスタジオはコロナの災禍を経てどう運営を見つめ直さねばならないか。
このたびの無料ウェビナーでは3人の著名なスタジオ関係者を迎え、スタジオのスタッフや顧客の健康と安全をいかに保ちつつ新しい運営様式へ移行しなければならないかなどの議論を予定しています。

ウェビナー登録 – Zoom

おおむねこういう話。

テーマとしては確かに重要で、だけど同じページに書いてある通り、保健に関する専門家でなくあくまでスタジオ関係者によるディスカッションなので、いろいろ差っ引いて話を聞く必要がありそう。
つか人数制限ありますし英語onlyのウェビナーなので、「オレ、違うか」と思ったら貴重な席数を無駄撃ちしないためにも参加を控えたほうが賢明でしょうね。

おそらくそんなに遠くない未来、国内でもこれに近いテーマでの意見交換がなされるでしょうから、それを待ったほうがいいかもしれません。