Cassette のシミュレーター いろいろ

カセット( Cassette )の話題が某所で盛り上がってますが、それはそれとして。
最近カセットテープの音質を真似るプラグインが幾つか出ているので、それに類するものも含めて列挙しておきます。

こちらも参考にどうぞ。

カセットテープっぽい加工用

Klevgränd “DAW Cassette”

ブラウザからオーディオファイルをアップロードして効果を確認できるWebCassetteのプラグイン版。姉妹品でDAW LPを持ってるのでうちでは使ってない。
Klevgränd製品は全体的に効果がのっぺりしちゃうのが気にかかりますが、質は悪くありません。価格は$39.99で、iOS版が$12.99。

AberrantDSP “SketchCassette”

このプラグインのみを扱うAberrantDSPで、グラフィックに愛嬌あり。
デモ版がなく試せていませんが、DAW Cassetteとはまた少し切り口の違う劣化、圧縮を再現しようとしている気配。価格は$20。

SketchCassette | Aberrant DSP
SketchCassette | Aberrant DSP

Denise “Bad Tape”

持ってないけど、紹介動画のクオリティのせいか、UI含めた印象のいいのがDeniseのBad Tape。定位中央の天井が下がって奥まって聞こえるのはカセットテープに対する僕のイメージと合致しますが、高域の歪み方がちょっと汚い気もします。MIXパラメーターがあるのはナイス。
価格は€48.90で、今まだイントロ価格が有効っぽくて€19.90。

Wavesfactory “Cassette”

表面上はパラメーターが少なくて全くそそられませんが、歯車アイコンから開く設定の中でMIXも含めて実はかなり細く設定できるWavesfactoryのCassette。
歪み方はなかなかよく、潰れ方も強め、他のものより周波数分布に大きく変化が出る印象なので、極端な効果を好む方には手っ取り早く使いやすいと思います。
ハジけ過ぎたギターやベースのパートを大人しくさせるために使うのもよさそう。既に似たようなものを持ってるならわざわざ買わんでいいかも。
定価が€59.00で、イントロ価格が€29.00。

Auditory Lab “Cassette FX”

デモ版がなく試せていませんが、他とは少しタイプが違ってキーコントロールでサウンドを変化させられるらしきCassette FX。
価格は$13。Vaporwave、Future Funk系には便利そう。

Cassette FX - Auditory Lab VST/AU
Cassette FX – Auditory Lab VST/AU

【追記分】Caelum Audio “Tape Cassette2”, “Tape Pro”

機能多彩でマニアックに見えて、どちらかとLo-Fiで歪ませるのが目的なTape Pro。£39.99。

【追記分】Chowdhury DSP “Chow Tape Model”

一部ではマニアック過ぎるという評価もある、Chow Tape Model。フリーで、ソースコードが公開されています。

【追記分】Thenatan “Vybz”

音楽機材系の話題を専門に扱うYouTuber、Sanjay CのGiveaway企画でたしか無料で手に入れることもできたVybz(自分は購入した)。リリース時にはいい印象がなかった(Thenatan “Vybz” Lo-Fi マルチFX – makou’s peephole)のですが、しばらく使ってると「まあ、これもたまにはありかな」と思いました。
シミュレーションとしての完成度は高くない。何らかの形でLo-Fiっぽくするためのものと考えたほうがよさそう。

 Bring back The Nostalgic Vibes of Old/retro Days, and Take your listener To when all the ‘faults’ were a part Of the Songs...whether you’re heating up Breaks, crafting Broken Beats, or looking to add more musical material to Your Beats, we’ve got the

Rancorsoft “TapeSound”

これはただノイズを加えるだけのフリーソフトで、何年か前にたまたま見かけたものなので今のDAW環境でも動作するのかはちょっとわかんない。

TapeSound | Rancorsoft, LLC
TapeSound | Rancorsoft, LLC(http://rancorsoft.com/tapesound/)

おまけ

Tom Cosm “Downgrade for Ableton Live Racks”

正直あまり使いでがあるものでもなかったのですが、CDMで紹介されていた(Free Downgrade turns Ableton Live into lo-fi wobbly vaporwave tape – CDM Create Digital Music)ので。

Downgrade 1.0 - LoFi Ableton Live Racks
Downgrade 1.0 – LoFi Ableton Live Racks

いわゆるテープマシン用

IK Multimedia “Tape Machine Collection”

カセットではなく、テープマシンの類いは大手各社から優れたものが幾つも出てます。IKのこれは比較的最近のもので、持っていませんが、Webで見る限り評判は悪くありません。
価格は€199.99。

【追記分】その他、雑多に

スクショなどまとめるのは少ししんどいので、海外のレビューで評判がいいものをPlugin Boutiqueのリンクで貼っておきます。むろん、ここに挙げる以外にPlugin Boutiqueで扱われていないものが多々あるので、ピンと来るのがなければ探してみることをオススメします。

↓これはあまりオススメしない。

大手のものも一応。まずUAD。こちらStuderのA800のシミュレーション。

同じくUADのATR-102。この辺り、本物の動作を知っている人でないと使いこなせないと思ってます。自分もその一人。

次に、テープコンプ目的で使用している人が多いと聞かれるWavesのJ37。僕も試しに買って持ってましたが意外と出番がなく、以降アップデートしてません。

The Waves: Abbey Road J37 tape saturation plugin, modeled on the machine used to record many of the greatest masterpieces in modern music, brings analog warmth to digital recordings.

テープ加工された素材

テープ加工されたサウンドを販売/配布しているケースもあります。
THEPHONOLOOPではピアノやFMのエレピ、マレット(チェレスタとガムランの間みたいな音色になってる)のバンドル版とビブラフォン(下スクショのリンク)といった存在感強めの素材を複数フォーマットで扱っていますし、いつも僕が見るbpbのサイトでは606, 808, 909といったリズムマシンのサウンドをテープ加工して無償配布しています。
また2022年に発売されたSpitfire AudioのAperture Casette Symphonyは、わざわざカセットレコーダーをカスタムメイドしてオーケストラ楽器をレコーディングしたという、かなりの意欲作。

この手の素材はWebのあちこちで販売/配布されているので、探してみるといいものが見つかると思います。

Cassette Vibraphone

BPB Cassette Drums – Free Drum Machine VST/AU Plugin


WavesfactoryのCassetteがリリースされたのを機に、急に思い立ってまとめてみたんですが、冒頭の5つのカセットテープシミュレーターが思いのほか個性的でした。自分ならどれを使うかって聞かれると、今は別に要らないけど、必要が生じて手を出すならWavesfactoryですかね。理由は、ただテープっぽくするだけじゃない別の効果にも期待できるから。

Get the best lo-fi plugins for that dusty old school vibe. From woozy wow and flutter to dirty destortion and downsampling here are the top 10 picks.