Logic Pro : Klopfgeist 用法まとめ

LogicのKlopfgeistはクリック用のシンプルな音源。
klopfgeistとはいわゆるポルターガイスト(poltergeist)つまり「ドンドンと騒々しい幽霊」で、コツコツいうノックの音(klopfgeräusche)のklopf-を受けたかばん語みたいなもんか。

Klopfgeist の鳴らし方

MixerでAllを選ぶとClickのチャンネルにKlopfgeistがささってる
 MixerでAllを選ぶとClickのチャンネルにKlopfgeistがささってる

ミキサーの画面のシングル(Single)、トラック(Tracks)、すべて(All)と並んでいるすべて(All)を選ぶと、Klopfgeistというクリック専用の音源のささったClickというトラックが出現します。

ソフト音源の一種なので、このトラックをメインウィンドウに表示させれば通常のソフト音源同様にフレーズを鳴らすことも可能。
ソフト音源の一種なので、クリックON/OFF(K)がONになっていればバウンス時にミックスされてしまう点にも注意してください。

動作の習性としては、拍子の分母に合わせて小さなクリックが、分子に合わせて大きなクリックが鳴る仕組み。
4/4って拍子のときには4分音符ごとに低めの音が、1小節ごとに高めの音が鳴ります。
6/8って拍子のときには8分音符ごとに低めの音が、1小節ごとに高めの音が鳴ります。
なので、もしもどうにもならん拍子でクリックを鳴らしたいなら、上に書いた「ソフト音源の一種なので」という仕様を利用して、メインウィンドウにKlopfgeistのトラックを表示させ、自分好みのクリックを打ち込んじゃうのがベストです。

プロジェクト設定で鳴らし方を少しカスタマイズ

プロジェクト設定に「メトロノーム」がある
 プロジェクト設定に「メトロノーム」がある
複合拍子を入力する
 複合拍子を入力する

クリックをカスタマイズするときには、基本的にはプロジェクト設定(上図左)のメトロノームを開いて調整します。

特記すべきは日本語のマニュアルには記載がないっぽいグループ(group)というチェックボックス。
これはたとえば7拍子を4+3と解釈するか3+4と解釈するか、その区切り位置に鳴るもので、上の図のように拍子の情報を入力するとき3+4とか4+3とか2+2+1とか書き込んでおくことで複合拍子として機能します。
たとえば4拍子でも2+2と記せば、2拍子っぽくクリックが鳴ることになります。

プロジェクト設定画面のグループのチェックボックスの2つ下にあるディビジョンとは、ノートを入力したり移動したりする際のグリッドを単位としてクリックを鳴らすもの。
最小ディビジョン値である1/192でクリックを鳴らす野蛮な行為も可能。
ディビジョン値変更はキーコマンドで設定できるので、ライブのときにクリックをあえて外に鳴らして遊んでみるのも面白いかも。

クリックは外部に接続したMIDI機器を通じて鳴らすことも可能で、その設定がポート(Port)。

出力(Output)はオーディオ出力先。
ライブでオケを流しつつバンド演奏するとき必須なクリック。
だけどこれをオケと同じ出力先から流すわけにはいかないため、オケとは違う出力先から出力してドラマーだけに聞いてもらう、といった使い方をします。←ご存知ない方向けの説明。
いろんなやり方がありますが、複数の出力に割り振ったバスチャンネルを作ってそこに送り込むAUXの値を調整して、各出力先の適正なバランスを取るのがオーソドックスな方式かと思われます(意外とこういうのって地域や会場レベルのローカルルールがあったりするので「思われます」とした)。

Klopfgeist のプラグインウィンドウ

Klopfgeistのパラメーター
 Klopfgeistのパラメーター

Klopfgeistのプラグインウィンドウ内でも調整できます。
というか、プロジェクト設定内の項目はKlopfgeistと連動しているのでわざわざプラグインウィンドウを開いて調整するようなこともないかなとは思います。

ただ、プロジェクト設定内の項目はKlopfgeistの設定値を変更できるけれども、Klopfgeistのプラグインウィンドウ上で設定をいじってもプロジェクト設定内の項目には反映されない、つまりプロジェクト設定の項目からの一方通行でしかありません。
この仕様はよくないね(ただしうちのMacのグラフィック上の問題かもしれない)。
ライブ演奏中などにうっかり触って、クリックが大音量あるいは無音になってドラマーに届く可能性があるので。連動する操作子は互いに値が反映されなくちゃいけない。