🆓 Lese “Codec” – パケットロスを利用するLo-fi-er

Codec | Modern Degradation VST3 / AU Plugin | Lese
Codec

開発ペース速いですね。Leseからフリーで Codec が配布されています。
ありふれたLo-Fiエフェクトか、あるいはAudioDamageのAutomaton、Reason StudioのBeat Mapを連想してしまったのですが、それらとは違い特有のクラッシュ効果を発揮します。

Screenshot of www.kvraudio.com

Automaton by Audio Damage – FSU Plugin VST Audio Unit https://www.kvraudio.com/product/automaton-by-audio-damage


マニュアルによると、入力音を10〜20msほどのパケットに分割し、指定比率でロスするパケットの処理方法を3種類から決める、これが機能の中核らしく。Opus Codecを使用しているとのこと。
強烈なクランチディストーションおよびフィルターがまた味わい深い。
テンポ同期やドライウェットバランスは、仕様上搭載されていませんが、いい具合にグリッチーなサウンドを得られたりするので、効果音の作成なんかにも活用できると思います。

情報

  • フリー
  • AU, VST3対応
  • macOS, Windows対応