Leapwing Audio “RootOne”

Leapwing Audio からは低音補強用のRootOne。

価格は、€199と若干お高め。

サブハーモニクスのジェネレーターは幾つか存在しますし、Logic等のトリガー機能(Logic Pro : Replace Drum Track 用法 – makou’s peephole)でサブハーモニクスもどきを鳴らす方法もあるのですが、もっと手早くやってしまいたいなら、パラメーターも都合よく揃っていますし、特にSubとして32Hzの低さまで出せるのは個人的に好感触。

スクショでおわかりいただけるようにトライアル版をゲットできるので、気になるひとはご自身の環境でチェックいただくとよいかと思います。

言うまでもないとは思いますが、このSubがしっかり確認できる環境で使わないと低域が大変なことになるので注意。
参考までに、これ(KIRINJI – killer tune kills me feat. YonYon – YouTube)。
さすがにわざとだと思いますが、僕の仕事用ヘッドフォンだとキックの低音加工がキツくて、しばらくクラクラと眩暈がしました。