Audio Animals がフリー音源と素材を放出中

イギリスの Audio Animals 社が、VSTプラグイン音源やKontakt音源、WAVの素材をフリーで大量に放出しとります(Free VST instruments and samples collection available from Audio Animals – gearnews.com ではオーディオプラグインがVSTのみのように読めますが、AUで入手可能なものもあるようだ)。
メイン事業はミックス、マスタリングのようで、有償の素材販売も取り扱ってるっぽい。

※ダウンロード販売に特化したサーバーではなさそうなので、ちょっとアクセスが殺到するとすぐ開けなくなる点に注意!

Free Products - Audio Animals Ltd.
Free Products – Audio Animals Ltd.
Essential Percussion Hits - Audio Animals Ltd.
Essential Percussion Hits – Audio Animals Ltd.

トップページのサウンドデモで聞ける通り、全体的にオーソドックスでありつつ、音質もよろしい。少し湿度高めかな。

スクショで挙げたEssential Percussion Hitsは、カバサ、カスタネット、クラーベ、カウベル、エッグ・シェイカー、ギロ、マラカス、レインメーカー(レインスティックかな?)、タンバリン、テンプル・ブロック(木魚またはジャム・ブロック)、ビブラスラップ、ウィンドチャイムといった、GMドラム配列に入ってるような文字通りエッセンシャルなもので構成されています。
たしかにこの部類の素材って、ハイエンドでたかだかカウベル鳴らすために読み込み待ちさせられる音源か、さもなくばラウンドロビンですらないシンプルなワンショット音源か、と両極端で不便なので、幅広い場面で使える便利音源を折よく提供してくれているといえます。

その他、ボンゴ…と書いてますが、コンガですね、これ。コンガの幾つかの奏法を盛り込んだものや、非常にオーソドックスなブレイクビーツのループ、VINYL SIMULATORやTAPE SIMULATORと紛らわしい名の付いたサンプルループなども見受けられます。
果たして使用感やいかに。

……ん?
CASIO CLASSICS 46は、うーん…、これは本体のスピーカーから鳴らしてこそってとこあるので、ソフト音源としてだと品質の悪い音源に聞こえちゃいますね…。
ASSORTED METALとVINYL SIMULATORは……、インストールしてみたものの使いどころが思いつかないので、…明日アンインストールします。

結論。
傾向を見る限り、正直言って、プラグインとしてインストールして使えそうなものはかなり限られる気がします(すいません)。
WAV素材として配布されているもの、あとどうしても気になるソフト音源があればゲットするってのがいいんじゃないでしょうか。
ループ素材とパーカッションの素材は有り難くいただいときましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です