ビブラート 設定

最近よくLogicでの ビブラート 設定に関する検索ログが残っているので、ちょっと触れておきます。
説明をシンプルにするため、「モジュレーションホイールでビブラートの深さをコントロールする」場合を前提としておきます。
おおむね次の3パターンに集約されるかなと。

  • LFOをピッチにかける度合いをモジュレーションホイールでコントロールする
  • ピッチにかかるLFO自体の規模をモジュレーションホイールでコントロールする
  • ビブラートだけ単独で設定がある

度合いをコントロールするパターン

パッチング、Router、Matrixと名称にはバラつきがありますが、LFOをピッチに指定し、その度合いをモジュレーションで制御する仕組みになっています。大まかに言って自由度の高いソフト音源ほどこういう手法になりやすい。

ES2でのビブラート設定例
ES2でのビブラート設定例
QuickSamplerの場合
QuickSamplerの場合
Samplerの場合(同じ設定を2つ重ねると効果も倍になる)
Samplerの場合(同じ設定を2つ重ねると効果も倍になる)
Alchemyは1画面で設定が済まないが、考え方は同じ
Alchemyは1画面で設定が済まないが、考え方は同じ
Reason ThorはES2でいうviaにあたるのがSCALE
Reason ThorはES2でいうviaにあたるのがSCALE
SerumはReason Thorのような並び順
SerumはReason Thorのような並び順
VitalはMatrixの項目に対して設定(Tone2のシンセも似たような感じ)
VitalはMatrixの項目に対して設定(Tone2のシンセも似たような感じ)

ちなみに上のES2のスクショではモジュレーションホイールでの制御のお隣にベロシティでの制御を設定してみました。ベロシティが強くなるほどビブラートが強くかかるという設定ですね。
わかってる方には釈迦に説法となりますが、鍵盤を押し込んでいる間にベロシティが変化することはないので、この設定では鍵盤を押し込んでいる間にビブラートの強弱をコントロールする、つまり音を鳴らしてる途中からビブラートをかけるみたいな表現が不可能です。従って音を鳴らしてる間にもいじれるモジュレーションホイール等でビブラートをかける、これが妥当な手法となるわけです。

一般的な打ち込み手法
一般的な打ち込み手法

規模をコントロールするパターン

仕組みとしては上記のものと大差ないんですが、上記のつもりで設定しようとすると「ん?」となりやすいので区別しました。

SpireはAmpをモジュレーションでコントロール
SpireはAmpをモジュレーションでコントロール
(続)1画面で設定が済まないのが難です
(続)1画面で設定が済まないのが難です
Reason Subtractorはやや変則
Reason Subtractorはやや変則
Sylenth 1もLFOのGainにつなぐことになる
Sylenth 1もLFOのGainにつなぐことになる
MassiveはVibratoがLFOから独立し、そのDepthをマクロでコントロールする。マクロへのコントローラーの割当は別画面で行う
MassiveはVibratoがLFOから独立し、そのDepthをマクロでコントロールする。マクロへのコントローラーの割当は別画面で行う

先程の手法との大きな違いは、「規模」がパラメーターとして存在しているためモジュレーションを介さなくてもDAWから「規模」を直接オートメーションでコントロールできる点。

こういう打ち込み方ができる(便利かどうかは別として)
こういう打ち込み方ができる(便利かどうかは別として)

自立したビブラートがあるパターン

決して多くはないのですが、ビブラート自体が既に内部でルーティングされていて、度合いをコントロールする設定だけ行えばよいもの(もっとわかりやすい例もあった気がします;RolandCloud辺りかな…)。必然的にシンセ色の薄いソフト音源がこういう設定になる傾向がありそうです。

Sculpture
Sculpture
Heavier7Strings
Heavier7Strings

モジュレーション離れ

今、モジュレーションホイールでビブラートをかける設定は昔ほど一般的じゃなくなっていて、上のHeavier7Stringsの設定(左下)中にも見えるようにAfter Touch(A.T.)でビブラートをコントロールする設計が増えた印象です。
DAWだと制御性に大差ないのですが、ハードウェアキーボードでビブラートをかけようとした場合、そのハードウェアがAfter Touchに非対応だと設定を変更せざるを得ません。ちょっと厄介ですね。After Touchとなっている箇所をモジュレーションホイール等に変更しましょう。

アフタータッチでのビブラート
アフタータッチでのビブラート

最後に、比較的よくある事例として、Logicなど幾つかのDAWでは1トラック内に複数のMIDIチャンネルを持つことができるため、MIDI情報を受ける側のソフト音源のMIDIチャンネルと打ち込みデータ内のMIDIチャンネルが合致していないと効果が出ないことがあります。
特にLogicはオートメーション情報を書き込もうとすると何故か別のMIDIチャンネルに設定されやすい(ユーザーのふだんの操作の癖が影響してると思う)ので、設定したらそのチャンネルが正しいか随時確認するようにしましょう。

こちらの記事(Logic Pro : Modulator でビブラートを かける – makou’s peephole)もご参考に。