SoundRadix “Surfer EQ 2”

当初理解乏しく、いつ使うものかと思ったが、最近のDynamic EQやMultiband系処理の話題、ついでにミックスのご依頼が立て続いたことで、Surfer EQが何を目指しているか見えた気がする。

Klevgränd “Gaffel”

oeksound “Soothe”

開発は32bit プラグインを64bit化する32Livesを作ったSoundRadix。

Surfer EQ 2のインターフェース

Surfer EQ 2のインターフェース

簡単に言ってしまうと、中心周波数が入力に連動するEQ。
たとえば、

  • ベースのローが出すぎているけどフレーズが上下に激しく動くためにEQでは処理が面倒
  • ボーカルがマイクから距離開けすぎて芯が細すぎる

そんなケースでの補正に使える。
一般にそういう場合は何らかのアナログ機器やそのシミュレーションエフェクターの特性を通じて調整するのだろうけど、その知識がないと諦めるか、それを持っている人にお願いするか、根性でオートメーションを書き込むしかない。
それはそれで大事な解法なのだけど、another oneとして提案されたのがこのSurfer EQだ。

ただコレ、ある程度は入力信号に連動してくれるけれども、なかなか紹介動画のようにお望み通りに都合よく基音/倍音を見つけて動いてはくれない。
対象が和音だったり色んな楽器やパートがミックスされた状態だと、かなりトンチンカンな動きをする。
スレッショルドや反応速度での微調整、サイドチェーンでの制御にも対応しているので、パーフェクトに行おうと思ったら全く不可能でもないのだけれども、それなりに緻密に設定してあげる必要はある。
Melodyneに一度音程を拾わせてからMIDIで書き出し、それをサイン波で鳴らすようにしてサイドチェーンに突っ込むとさらにラクにはなるだろう。

さて「補正」と書いたが、補正が不要な状態でOKテイクを残すのがベストであることは言うまでもない
こういう補正技術がアレもコレも必要になるとこちらはお金も時間もボロボロ費やしてしまうので、レコーディングする側にも時間や技術の制約があるとは思うけれど、限りなくパーフェクトに近いテイクを残してもらえるのが理想だ。
そうでないものは、ある程度までの補正が限界で、それ以上行うとかえって不自然さが目立って全体のクオリティが落ちてしまう。何度でも書くが、歌っているときの「あ、シクった!」ってニュアンスは喉がキュッて締まる感じで声質に現れるのでピッチを補正したところで消えない。移植手術的な補修を行うにしても、テイクがもし少なければ、同じ発音で同じ音程の箇所を探す労力がまずかかるし、状況によっては力技で行うけれども、それでも補修不可能なケースがあるのだ。
マイクやマイクプリはその声質や音域,曲のジャンルに合った適切なものをチョイス、キーはボーカルの声域に合わせ、ボーカリストはマイクとの距離や角度を保つように気をつける必要がある。

Sootheもそうだが、これらは基本的に良くないものを良くするのでなく、良いものをより良くするために用いたい。
その延長上にクリエイティブな使い方はあってよいと当然思うけれども。

操作性 ★★★☆☆
レスポンス ★★★★★
音質 ★★★★★