Sonible “smart:reverb” | Arturia 20周年Box | XO 半額

Sonible “smart:reverb” 開発中

Plugin Boutiqueでのセールも実施中であるSonibleが、8/10にリバーブレータ smart:reverb を出すとニュースレターが届きました。
僕が以前ゲットして使っている同社のソフト、proximity:EQ+はEQという名前のわりに残響感の調整を行うようなもので、個人的にはこの新鮮な方法論と効果を高く評価しているんですが、好きじゃない人も多いみたい。
たしかに厳密には正しい状態の音響じゃないし、これが必要になるくらいならマイクや録音環境をどうにかしろってのも一理ありますからね…。

音源に対して分析を行なってから効果を与えるのが、Sonible製品の特に”smart”なんちゃらラインのソフト。
以前取り上げたsmart:compもそんな代物でした。
smart:reverbに関しては、実際試してみないとわからない面ありますが…説明を読む限り、入力されたオーディオデータに対して僕らがプリセットやIRファイルをアレコレ試したりすることなく、自動で適切に設定してくれるのが売りらしい。

メーカーサイトでニュースレターの購読申し込みをすると25%オフのプロモコードが送られてくるので、気になった方は登録してもいいかと思いますし、いつの日かPlugin Boutiqueで無料配布される日を待ち望んでみるのも悪くないかしれません。

Arturia 20周年Box

Arturia - Overview
Arturia – Overview

Arturiaが20周年を記念して、製品をまとめた250GBのHDを数量限定で発売するらしく。
定価€1,097(現在 136,884円)が€599(現在 63,530円)になります。
内容はV Collection 7, FX Collectionm, Pigmentsで、いわば(ハードウェアを除く)全部入りと言うことができそう。
ただ、これ、国内での入手方法がわかりませんね。海外オンリーなのかもしれません。

Features

  • 250GB hard drive: A selection of the most inspiring software titles and sound packs with spare external storage to store your valuable music projects. Installation is quick and easy.
  • V Collection 7: 23 legendary instruments brought back to life, including analog synths, classic pianos, quirky keyboards, and digital polysynths, with over 8,000 awe-inspiring presets.
  • FX Collection: Circuit-accurate emulations of the most iconic effects and studio tools, supercharged with new features for modern production.
  • Pigments: A synth that combines incredible FM, virtual analog, sampling, and granular synth engines with unlimited modulation, packed full of presets made by big-name artists and sound designers.
  • 40 best-selling preset packs: Inspiring sounds from the Analog Lab and Pigments Sound Store giving you access to 700 lovingly crafted presets
Arturia Sound Explorers Collection Summarizes 20 Years Of Software Development

XO 半額

これも既に随所で告知されてますが、Plugin BoutiqueでXOが半額セールになってますね。廉価版にあたるLiteのほうが価格が高い状態。

XLN Audio "XO"(Plugin Boutique)
XLN Audio “XO”(Plugin Boutique)

いろいろ褒め称えたわりにすぐ使わなくなるかもしれないと思ったこともありましたが、導入から早1年過ぎて、まだまだ現役。
たしかに、LogicのDrum Machine Designer辺りも使いやすい仕組みになりつつありますが、読み込みや差し替え、加工がラクなXOが勝ちますね。

サンプル管理のユーティリティーソフトでも結局探すときってすげースクロールしたりしないといけない。それと比べて、ただ散らかってて全部視界に入って選び放題というのは結構うひょーなのです。

XLN Audio “XO” ざっくりガイド – makou’s peephole

これに加え、サンプルをリプレイスしようってときに自動的に似たサンプルをサジェストしてくれるというのは凄まじく便利です。
新しくサンプルパックなんかを購入したらとりあえずXOに放り込んじゃえってなる気持ちも理解できます。
なかなか説明だけで便利さがわかるもんでもないと思うので、デモをゲットするか、あるいは低価格で購入できる間にゲットして、操作感を実際に味わってみたほうがいいかなと。