ReWire 接続手順

ReWireというのは、PropellerheadとSteinbergによって開発された、DAW間の同期やオーディオデータおよび演奏データ(MIDI)のダイレクトな送受信を可能にしたソフトウェア・プロトコル。
つまりユーザーが先に起動したDAWをホスト(主)として、スレーブ(従)となるDAWがソフト音源のような動作をします。
ReWire2になって64bitのDAW同士でもReWire接続できるようになりました。
視認性高いGUIを持たないので混乱しやすいのが依然厄介なところ。

Mac/PCのCPU、メモリーに相応の負荷がかかるのを踏まえた上で利用するとよいと思います。

【参考】

【注意】

  • ReWireホストにしかならないDAW、ReWireホストにもReWireスレーブにもなるDAWと種類があり、起動順序には気を付けたい。
  • 終了する際もスレーブを先に終了しないと、最悪の場合、ホストを終了できなくなる。強制終了させた場合ReWire機能だけが浮かんだ状態で生きたままになってしまうため、Macの場合アクティブモニタでReWire機能を終了させることになる。
  • PreSonus Studio One 3.5で同社の楽譜制作ソフトNotion 6とのReWireによる連携が可能になったのだが、どうもNotion 6はMIDIイン/アウト情報をReWireでは送信しないようだ。
  • ReWireの仕様で、スレーブとなるDAWにサードパーティのプラグインを使用することはできない。一見純正に見えるLiveのAmpも動作しないようだ。
  • 古いReWireの仕様だと1小節目が鳴らないとか、音が鳴りっ放しになるとか、けっこう危なっかしい仕様でしたが、かなり改善されている。

さて、Logic Pro XをホストとしてAbleton LiveやPropellerhead Reason等を接続する手順のおさらい。

Logic Pro Xを起動

ReWireを有効にする

ReWireを有効にする

ホストとなるLogic Pro Xを最初に起動します。
Logic Pro Xのデフォの状態ではReWire機能がオフになっていると思われるので、Logic Pro Xの環境設定でReWireをオフ以外にします。2つあるけど、ひとまずどちらでもかまいません。

ReWire 用のAuxチャンネルを立ち上げる

Auxチャンネルを作成

Auxチャンネルを作成

オグジュアリーチャンネルの入力を選択(フェーダーが下がってる点にも注意)

オグジュアリーチャンネルの入力を選択(フェーダーが下がってる点にも注意)

次にReWireスレーブとなるDAWからの出力を受け取るチャンネルを用意します。
ミキサーウィンドウ上でAuxを追加し、Input欄にReWireスレーブのL/Rを読み込んでおきます(大量にチャンネルがリストに並ぶが、一番上にあるものを選んでおけば必ず鳴る)。
フェーダーが下がってる可能性があるので適正音量に調整します。

ReWire スレーブの出力先を設定する

ReasonにせよLiveにせよ基本的なオーディオ出力先はMasterですが、結線を変えることで、ReasonやLive内の個々の音源をLogicの個々のAuxチャンネルに立ち上げることができます。

Reasonの場合

ReWireが有効な状態

ReWireが有効な状態

ReWireオーディオ出力チャンネルを選択

ReWireオーディオ出力チャンネルを選択

ReWireが有効になっていることを確認します。ホスト側のBPMを変更した場合にスレーブ側のBPMも変更されればReWireが有効な状態。
なまじミキサーが備わっているため混乱してしまいますが、Hardware Interface IIのAudio I/Oに直でつなぐことで出力先を振り分けられます(ミキサーを経由させても別にOK)。
上のスクショだとAudio I/OのOutput(薄青地の部分)の3,4につなぐと、InputをReason 3,4に設定したLogicのAuxチャンネルから音が鳴ります。
Reason内で重厚にエフェクトをかませようが、Reason内でCombinatorでくくって複雑なサウンドを構築しようが、最終的にケーブルがHardware Interface IIにつながれればその通りの音がLogicに送り込まれることになります。
ただしReWireスレーブ状態でReasonにVSTプラグイン等を読み込むことはできません。

Liveの場合

ReWireが有効な状態

ReWireが有効な状態

ReWireオーディオ出力を選択

ReWireオーディオ出力を選択

ReWireオーディオ出力チャンネルを選択

ReWireオーディオ出力チャンネルを選択

Liveも同様で、BPMインジケーターがグレーになってReWireが有効になっていることを確認したら、各チャンネルのオーディオ出力先を設定すればOK。
MAXは使用できません。

LogicでReWireの音源を鳴らす

外部音源プラグインを使用しない(外部というのはハードウェア音源を指す)

外部音源プラグインを使用しない(外部というのはハードウェア音源を指す)

MIDIの送信先を選択

MIDIの送信先を選択

ReWireスレーブのDAWにシーケンスを打ち込んでもよいのだけど、LogicでReWireスレーブにシーケンスデータを送るには「外部MIDI」を使います。
といっても上のスクショの「新規トラック」ウィンドウではそこまで設定できません。
「外部MIDI」の新規トラックは作成するけれども、その次の段階の「ライブラリー」で接続先を選択します。
特にReasonのMIDI受信先はわかりにくく表示されてしまうので、Reasonデバイスにはわかりやすい名称を付けておくことをお勧めします。

 

LiveとReasonのAbleton Linkはどうなのか

注目しとったわりにはどうもハジケる気配のないAbleton Link。Reasonも対応しています。

LiveのAbleton Link有効状態

LiveのAbleton Link有効状態

ReasonのAbleton Link有効状態

ReasonのAbleton Link有効状態

ReWireでつながるわけではないので双方のDAWでVSTプラグインが読み込める。
ただ、元来ソングポジションというよりループポジションを合わせるもの(ホストを再生して同時に鳴り始めるものではない)。