新しい Vector Synthesizer が準備中らしい

Vector Synthesizer って書くとよくわからんすね。Vector Synthesis を用いた新しいハードウェアシンセの告知が上がってるようです。

<a href="https://www.vectorsynth.com/">Vector – Digital Hardware Synthesizer</a>” class=”wp-image-55474″/></a><figcaption><a href=Vector – Digital Hardware Synthesizer
<a href="http://www.synthtopia.com/content/2018/09/20/new-vector-synthesizer-sneak-preview/">New Vector Synthesizer (Sneak Preview) – Synthtopia</a>” class=”wp-image-55476″/></a><figcaption><a href=New Vector Synthesizer (Sneak Preview) – Synthtopia
<a href="http://www.synthanatomy.com/2018/09/vector-a-new-hardware-synthesizer-is-coming-soon.html">VECTOR A New Hardware Synthesizer Is Coming Soon!</a>” class=”wp-image-55477″/></a><figcaption><a href=VECTOR A New Hardware Synthesizer Is Coming Soon!

参考:ベクトル・シンセシス – Wikipedia

今のところ、どんなものかほとんど不明。
うっすら見えるデザインにはちょっと惹かれるけど。

ベクトルシンセシスって実はそんなに定義がはっきりしてるわけじゃなくて、ジョイスティックかXYパッドで音の操作ができればベクトルシンセと言えちゃうよくらいなもので、極端な話、今どき結構多くのシンセがそうじゃね?とも言えます。
気にはなるけど話半分くらいで捉えたほうがいいのかな。
とはいえ動画中にOscillatorの字が見えるし、オシレーターと合成機構次第では今よりももっとGurglyなベース音を産出できたりするGame-changingな代物である可能性も。
ただまあハードウェアだとDTM環境の中に設置するのは無理気味か。
はたしてどういう環境で使うことを想定した、どういうサウンドのハードウェアなのか、見守っていきたいところ。
とりあえず、メーリングリストには登録したぞ、いつものことだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です