NANI plugin など

HOME | Nani Plugin
HOME | Nani Plugin
これだけ見ても参考にならないとは思うが一応波形の状態をキャプチャしとく
これだけ見ても参考にならないとは思うが一応波形の状態をキャプチャしとく

5月の頭ごろ一時話題になっていたらしい NANI Plugin がWytse Gerichhausen(”Snake Oil?”の人)の目に留まった様子。ビジュアル、どうなん?って話で。詳細はMusic Techのページを参照のこと。
思春期を遥か昔に過ぎてしまった自分としては、このビジュアルに必然性を何ら感じないんですけど、今どきどうかな?とは思います。こういうの、ただの悪ふざけじゃんと嘯く人もいるのだけど、悪ふざけのほうがタチ悪いんですよね。自覚のないセクハラこそがタチ悪いように。

それはそれとして、作者のTwitterを見たらそれ以前から画像が上がっているようなので、ソフトができたのはもっと前かなと。
機能としてはWave Folding系のディストーションで、このビジュアルとは裏腹に結構お行儀のいい歪み方をします。なので、挿せば何とかなる式に使うよりも絶妙な入力値と設定を探っていくほうが手応え大きそう。

以前別の記事でも書きましたが、Ableton LiveのOperatorをフィルターで加工してOTTかましてフリーズかけるのをバリエーション違いで繰り返し、それを別トラックに組み立て直しながらフィルター・オートメーションをかけてOTTかまして書き出して、そのミックス・バスにOTTをかませて…と同じエフェクトを何度も重ねる割り切りが必要な手法に、NANIも向いているんじゃないかと思います。軽いし。
とはいえディストーション系は何度も重ねがけしていくと、ただただ矩形波に寄っていくだけのような気もします。

ちなみに上のスクショで「立ち入り禁止」となっている胸部。プラグイン・ウィンドウの右上にマウス・オーバーすると現れるSFW(safe for work)ボタンを押すことで、左上ノブの名称とともに切り替わります。ただし、左上ノブ名称と「立ち入り禁止」がプラグイン起動直後だと逆の対応になるケースがあるので(SFWを押してから終了した場合…だと思う)、女性も在席されるサウンド開発部署など、リアルに周囲を気にして使う必要があるならノブ名称のほうも気をつけたほうがいいと思われます。これこそが、先ほどのMusic Techの記事中でも記されている箇所ですね。

その他トピック

Felt Instruments “Rysy”

以前も取り上げたことのある、ポーランド(たぶん)のFelt Instrumentsから、50年代のシュトックハウゼンのフィルターを模したとされるRysyがリリースされています。

スウェーデンのKlevgrändもそうなんですが、よけいなパーツを排したすっきりデザインで、妙に記憶に残ります。
スウィープはできないものの、リーク感の残るフィルターが効果的。ちょうどいいリーク感が出せるフィルターがないかは、数年前から僕自身も気にかけてた部分で、ぶっちゃけ一度アナログ回路を通すべきなんだろうと結論づけてました。
Rysyに関しては、雰囲気はなかなかよいものの凄まじくよいとも言い切れないし、下部のNoiseやLFOのオマケ感もそんなに必要性を感じない。しかしながら将来的に何かやってくれそうなポテンシャルを感じるので、今後もヲチし続けていきたいと思っています。

Lunacy Audio “CUBE”

Virsynが以前、Cubeというソフトを出してましたが、それとは別に3次元的なという意味でCUBEなのでしょう。

Lunacy Audio | CUBE
Lunacy Audio | CUBE

動画だけでは判断しきれない部分が多々ありますが、Kontaktに組み込んでパネルとKSPでどうにかするのとは完全に一線を画しているようで、独自エンジン(かな?)で新しい領域で勝負している感があって音もスタンスもすごく好き。手を出そうか迷っています。
既にこの音源だけで東方のアレンジ(かな?)を作り上げた方がおられるらしく、メーカーのTwitterアカウントで取り上げられてますね。

価格は$249で、macOS(AU, VST, AAX, スタンドアローン)、Windows(VST, AAX, スタンドアローン)対応。購入から14日間までならリファンド可能とのこと。MPEに対応してるかどうかは不明です。

しかし余談ですけど、Kontaktインストゥルメントなどのサンプリング・ライブラリーがもっと簡単にデモれるようになるといいですねえ。以前は遠隔操作で音や操作感を確認できるものがあったと思うんですが、見かけなくなりました(廃止になった?)。
NFRを手に入れたら自分じゃ買わなくなりそうでイマイチ気が引けます。試しに使う(レビュアーとはあえて言わない)側にもう少しリスクがあってもいいかな。かといって褒めちぎらなきゃいけないというのも宗教みたいだし…。