Logic Pro : SideChain Dynamic EQ

Neutronあれば一発でできますが、EQをサイドチェーンでカットしたりする工夫。
つまり手動のSideChain-ed Dynamic EQ。
今さらな気もしますが一応。

なんか打ち込む

白玉の和音を打ち込んでおいて、4つ打ちをサイドチェーンで拾うことにしましょうか。

ここではES2で白玉の和音を打ち込んだ
ここではES2で白玉の和音を打ち込んだ
サイドチェーン信号にはUltrabeatで4つ打ちを打ち込んだ
サイドチェーン信号にはUltrabeatで4つ打ちを打ち込んだ

逆相でセンドし、EQをかけ、Duckerを使う

センドした先でGainをインサートし、逆相に設定。
さらにEQをインサートして、サイドチェーンで沈ませたい帯域を削ります。
で、Compressorでもいいんでしょうけど、なんとなく今日の気分でNoise GateのDuckerを使います。Duckerのサイドチェーンを先ほどのUltrabeatのチャンネルに指定します。
それぞれ適宜設定して鳴らしてみると、キックの4つ打ちに合わせてEQがかかるように聞こえます。

センド先のBusにGainを挿して位相反転ボタン押す
センド先のBusにGainを挿して位相反転ボタン押す
SideChainで沈ませたい帯域を削る
SideChainで沈ませたい帯域を削る
NoiseGateを挿し、SideChainを拾ってDuckerに設定する
NoiseGateを挿し、SideChainを拾ってDuckerに設定する

ここではEQで中域を削ってますが、バンドパスを使って中域のみ抽出してDynamicEQとすることもできますし、2,3箇所またはそれ以上の帯域を削ってDynamicEQとすることもできますし、サードパーティ製で優秀なEQを使えば、LogicのEQでは存在しないノッチEQを利用することもできます。
またEQが利くというのであれば同様に周波数分布に対して直接作用する部類のエフェクター、たとえばAutoWah(タッチワウ)を使ってより複雑なサイドチェーンエフェクトとして機能させることもできると思います。
残念ながらLogicのサイドチェーンの仕組みが自由なモジュレーションソースを選択できるわけではないので、どうしても煩雑にはなってしまいますが。

前の記事

BLINKSONIC° “PROCESSORZ°v_2”

次の記事

終了: Cakewalk “Sonar”