Logic Pro 11? という記事

Is there a major Logic Pro X update or Logic Pro 11 around the corner? - gearnews.com
Is there a major Logic Pro X update or Logic Pro 11 around the corner? – gearnews.com

別段そんな告知がなされたわけではないのだけど、通常より2週間早いマイナーアップデート、それも極めて小規模だったリリースを受けてGEARNEWSがうなってます。
もしやLogic Pro 11 がもうすぐなのでは?って。
「君は何を望む?コメント寄せてね」と締めくくられたものの、まだ強力なコメントはついてませんね。

But, over the years, despite keeping its interface simple and accessible, the app has become rather cluttered in terms of functionality and content.

訳:何年もの間、シンプルで扱いやすいインターフェースを保ち続けてるけど、アプリは機能やコンテンツの面で少々散らかりつつある。

Is there a major Logic Pro X update or Logic Pro 11 around the corner? – gearnews.com

この点は僕が感じてるのと一致。
10.4だったかでメニュー類がスマートに整理されてから、タイムハンドルの追加、リージョンオートメーションの追加、Drum Machine Designerの追加、スマートテンポ機能の追加、インディペンデント・パンの追加…と断片的に補助機能が追加されて、ちぐはぐなイメージがあります。

余談ですがAppleのProアプリがあれもこれも黒背景に切り替わったのにはモニタの焼付きを防ぐ狙いがあったのかなと。
音楽も写真も映像もソフトを長時間立ち上げっぱなしなものだから、白っぽい背景だと焼き付きやすいですもんね。フォトショやイラレなどの背景も黒っぽいけど、どっちが先だったんだろう…。まあ、いいけど。
白〜グレー基調のインターフェースが黒基調になったことで僕が感じたのは「なんか悪いことしてる気分になる」でした。

11になるのか10.5になるのかわかりませんが、自分が期待することとしては、先日書いたようなマルチティンバーの段階的廃止、画期的な新しいドライバーの開発、EXSの刷新、並列ルーティングの実現、専門レベルのマスタリング/オーサリング機能の開発、ガジェットやEurorackとの連携機能といったとこ。
もちろん、いまだ残るバグ類や、おかしな日本語も一掃してほしいですが。