Birdmanのスコアを担当した Antonio Sanchez

Antonio SanchezといやPat Metheny Groupで凄まじい演奏を見せて以来(初めて聞いたとき私自身は酷評したのだけど)、泥臭さとプログレッシブさの両面を兼ね備えているという評価で一線級へと躍り出たジャズドラマー。

Antonio Sanchez interview re the Birdman score | Music of Soundで、SoundCloudにアップされたジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson)との対談が珍しく取り上げられていて、何だろうと思っていたら、「バベル」でも有名なアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)の2014年作品「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance))」(日本語公式サイト)の音楽を担当していたんですね。作品が第87回アカデミー賞で4部門を受賞、と猛烈な高評価を受けた一方で、作曲賞のオスカーを逃したことで議論が起きていたようです(日本だと寺島氏によるネタバレも話題になりましたが)。

詳しいわけではないので、そんな話題を見かけましたよという報告止まりとしておきます。いずれどなたかがきちんとした解説をしてくださることでしょう。

“It is such a specific score and task that I did not know where to turn to,” Sanchez, who has a Masters in Jazz Improvisation from Boston’s New England Conservatory, told us. After reading the script, Sanchez first took a more traditional approach by composing a rhythmic theme for each character. But when he sent the demo to Iñárritu, the Oscar-nominated Babel filmmaker told him his tracks were “exactly the opposite of what I want you to do.”

How Jazz Drummer Antonio Sanchez Improvised the Birdman Score | Vanity Fair

↑このクダリ、最っ高に身震いしますね。

The two also took the drums onto the street to experiment with hand-held moving microphones so that they did not have to rely on reverb, echo, and volume effects for some of the scenes in which Keaton walks through Times Square, weaving in and out of crowds alongside an actual street musician.

How Jazz Drummer Antonio Sanchez Improvised the Birdman Score | Vanity Fair