Billie Eilish – Xanny の歪みの話

ちょっと前の記事になりますが、Production AdviceでBillie Eilishの Xanny の音量がアレ過ぎでは? いやいやいや、と記されてました。

Is Billie Eilish too loud ? (Here come the Loudness Police) - Production Advice
Is Billie Eilish too loud ? (Here come the Loudness Police) – Production Advice

海外でも「〜警察」みたいな言い方するんですねえ。

【参考】

uDiscoverMusicでも述べられた積極的なスタンスには舌を巻くばかり。

で、Production AdviceのIanやSonicScoopのまとめ記事ではXannyのエグいマスタリングについて、マスタリングを含めたサウンドメイキングの妙と捉えているように見えます。
以前マスタリング 比較の動画という、マスタリングを専門家に委ねた場合のメリットについて簡単にまとめた記事を書きました。さあ果たして専門家に委ねた場合、Xannyがこの形になったでしょうか。どうでしょうね。
万が一僕がそうした曲を任されたら(意図的なのだと言われたら)いいよっつってそのままマスタリングするとは思いますけどね。
ただ、マスタリングエンジニアの名がクレジットされる場合、それによってエンジニアが無用な咎めを受けるのを回避したい気持ちもわからないではないです。

Billie Eilish - Xanny
Billie Eilish – Xanny

ベースがガッと出て全体が歪むこのエグいミックス(マスタリングというよりも)は失敗じゃもちろんないでしょう。
ボーカルが左右に振れている箇所が意図的に聞こえるのを踏まえるとね。
このミックス状態になってる間がXannyなのかもなって解釈も、

彼女はよく、自分の音楽は楽曲自らがメッセージを発信し、作品は自由に解釈されるべきだと語っている。「音楽づくりの一番楽しいところのひとつは、みんなが私の音楽を好き勝手に解釈すること。私にはそれをどうすることもできない」と彼女はネット番組“Hot Ones”のホスト、シーン・エバンスに語っていた。

新人ビリー・アイリッシュが大成功をおさめた現代的な8つの理由

とあるように憶測の域に留めるのがよさげ。去来抄か。

そんで、この感じのエグさが僕の環境で出せるか試したら、別段難しいことはなかった。
サブベースの音作りがわかってるなら、そのまんま出していいし、もしそこでコンプなりリミッターがそれを抑制する方向に作用してしまうならコンプの前にオーバードライブなり挿してあらかじめ歪ませておけばこんな感じになります。
難しいとするなら、極端にしないと意図的だと感じ取ってもらえない面がおそらくいちばん難しい。世の中で、創作した何かを「わざとである」と伝えることほど難しいものはないですよ。「わざとだ」というと十中八九、言い訳と捉えられますからねえ。
どの道、Billieがやったことを二番煎じしても(流行ることこそあれ)手柄にもならんので、真似るのならば実直な生き様を真似るべきですよね。

そういえば昔ね、CDアルバムの1曲目の出だしでレコードに針を乗せて再生するような加工をしたら「不良品?」って問い合わせが来たことがありました。
今回のQuadrifoglioのアルバム1曲目も実は出だしにピッチの揺らぎを与える加工をしていたんですが、また不良品って問い合わせが来たらCDショップのほうにも迷惑かかりかねないと思って、最終的にその加工をなくしました(ライブでやるときだけそのバージョンでオケ流してる)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です