Ample Sound “Ample Guitar L II”

Ample Soundの製品を導入するのは3つ目。今回は、 Ample Guitar L II 。

Ample Sound “Ample Guitar M II”

Ample Sound “Ample Bass Y II”

IIというのはソフトウェアバージョンが2になっているというだけ。

ABY IIに関しては上記記事で酷評したとおりで、せっかく買ったけど今後も使う機会はほぼないだろうと思っている。
Ample Bass Yinyang II Review – Bedroom Producers Blogでは88%と高評価になっているが、★の内訳は僕のそれとあまり変わらず、レビュー内容も「バリエーションの1つとして所有する価値がある」とあくまでポジティブに許容している気配だ。

この機会に、最近このブログでは少し辛めにレビューを記している(=アフィ等と関係ない)こともお伝えしておこう。

Ample Guitar L II 導入の経緯

だいぶ前に導入していたAGM IIは動作の重さこそネックだったものの(「ギターだけにネック!」というわけではない)、実際、サウンドを非常に気に入って使い続けている。
誰かに演奏をお願いするより遥かにいい音なので、演奏内容に譲れないこだわりがあって尚且つ打ち込み技術に一定の自信があれば充分なパフォーマンスだと思う。

今回AGL IIを導入したのは、アレンジ上どうしてもナイロン弦じゃないと雰囲気が出なかったから。
厚みのあるアレンジであれば、スチール弦を「雰囲気担当」にして妥協することもできるのだけれど、小編成アレンジとなるとそうもいかない。
たとえばゴンチチの「放課後の音楽室」のメロディがスチール弦だとああいうノスタルジックな響きにはならないだろうからねえ。

対抗馬があまり無いね

ABY IIでAmple Soundを見限った面がないわけでもなかったのだけど、対抗馬がないのも事実で、結局AGL IIを選んでしまった。
で、結論だが、ほぼ期待通りのサウンド。少し、ほんの少しだけ音が硬い印象はある。
機能のほぼ全てはAGM IIと同じなので多くは触れないけれども、ピック弾き、指弾きの2種類あり、ハーモニクス、パームミュート、スライドイン/アウト、レガートスライド、ハンマリングオン/プリングオフの6種類の奏法あり、マイクバランスやステレオ感の調整、ストラミングパターンのプリセットや自作が可能、8種類のエフェクター、カポタストの位置の変更が可能と。
MusicLab RealGuitarが今となってはGM音源に毛が生えた程度のものという印象がある;というと語弊があるかもしれないので”サウンド的に古め”と言ったほうがいいかもしれないが、それと比べて、ステレオ感とピッキング感が優れている印象。
一方で、ピッキング位置の変更はできず、相変わらずStrummerでSwingを設定すると崩れまくる(Logicだけ?)、この2点は欠点としてだいぶ大きい。
Vir2のAcou6tic、これは所有してないけれどサウンドの印象が極めて近い。ただElectri6ity同様、簡単に打ち込んじゃいたい場合でもすこぶる手間がかかってしまうため、推すならやっぱりAGM IIなりAGL IIを推したい。

メーカーのサーバーが頻繁に落ちるようなのでテキストリンク。
» http://www.vir2.com/

ミックス面でいうと、これもAGM II同様、ピークインジケーターに比べると聴感的には小さいので、少し制御が面倒かもしれない(9〜11kHz辺りを抑えるといいかなと)。

操作性 ★★★★☆
レスポンス ★★★★☆
音質 ★★★★★