📜 雑記帳 220911

ブティックペダル は死を迎えるのか

The Death of Boutique Pedals: Is Boutique Over? - gearnews.com
The Death of Boutique Pedals: Is Boutique Over? – gearnews.com

という論評が gearnews.com に掲載されています。ブティックペダル とは、職人の手によるハイグレードなペダルのことのようですね。
COVID禍後(完全に脱したわけではありませんが)のインフレや中央アジアの紛争が部品供給に影響を及ぼし、真空管の供給に関してはいったん取り戻したものの、とあるブティックペダルメーカーのろうそくの灯火が消えつつあることが話題に上がっているようです。商標を維持しつつスモールビジネスに遷移するとも伝えられているそうで。

不景気と一緒にするスジはよくないのですが、エンタメ分野がまず最初に失速するってのは知られているし経験もした通り。音楽制作や演奏においてはそれなりにバーチャル化が進んでいるため、部品供給的な心配はそこまで必要ないと言えますが、折しも脱DTMな流れもあり、傍らで円安もあり、少なくとも自分みたいな素人には正直どうなるんかわからんです。

Macの下取りのリマインダー

Mac Studio導入に際してiMacを下取りに出した話を先日書きました。

Mac Studio 導入日記

無事に回収の宅配業者の方がいらっしゃったのはいいけど、回収が済んだ晩に「明日回収に伺います」のリマインダーがAppleから届いて「なんじゃ?」と。
ま、それでぎゃあぎゃあ言うひとではないのだけど、送信側のサーバーかプログラムが間違ってたりすると先方が困るかなってことで、差し出がましくもサポートにお伝えしました。
証拠見せたほうがいいかなと「メール転送しますか?」と聞いたら、向こうからこっちのMacを覗き見できるみたいね。知らんかったです。で、個人情報に関わりそうなウィンドウを閉じてこちら側のメールをお見せした次第。
まあ原因はわかりませんが、同じようにリマインダーがズレて届く現象に出くわした方がいらっしゃったら、ってことで。

Tone2 “Warlock”

Tone2製品がM1対応やらでゴタゴタしてますが、いま書いたように新しいMac環境になってふとWarlockのVSTが見当たらないことに気づきました。インストールするかぁと思ったら、Tone2サイト上からはインストーラーをダウンロードできないみたいですね。アップデーターがリストアップされてるだけで、フルインストーラーがない(よくないっすね、これ)。購入時のメールに記されるダウンロード先は時限つきなので、とっくに期限切れ。
で、購入時のトランザクションIDを付記して連絡したら、ダウンロード先を記したメールを返信してくれました。

なお、M1 Mac環境で最新版のTone2製品をインストールしたために旧プロジェクトファイルが開けなくなってしまった方、下記からダウンロードできます。