Valhalla DSP “Valhalla Supermassive” v3登場

Valhalla Super Massive - Valhalla DSP
Valhalla Super Massive – Valhalla DSP

フリーゆえにある種、新しいアルゴリズムの実験台として使用されている気配のあるValhalla DSPの”Valhalla Supermassive”に、Leo(獅子座)とVirgo(乙女座)の2つのアルゴリズムが追加され、対にVersion 3に突入。

これまでの各アルゴリズムの詳細については上記、製品ページへのリンクをクリック。今回追加された2つについて、Leoはスローアタック、ロングディケイといわゆるロングリバーブで、Virgoは逆にファストアタック、ショートディケイとスラップバックディレイ的な位置づけのものと思われます。

アルゴリズミックタイプのリバーブレータについては一時期、有償無償問わずあちこちからリリースされてきていて、むろんValhalla DSP製品よりも簡単なものや多機能なもの、ステレオ感の優れたものなど多数ありました。
とはいえ、安かろうが機能豊富だろうが、しげく機能追加やOS, DAWへのキャッチアップを行なってくれるこの製品のほうが、なんだかんだ印象がいいんですよね。

うちはValhalla Shimmerを入り口として使い始めて惚れ込み、その後いろいろ試して、やれAudio DamageのEOS 2が案外いい、NIのRaumが面白いと感じたり、最近ではButterfly Effectがかなりよいと記していたところですが、

持続性というか、メンテされない可能性があるとなると、お安い製品やフリーウェアであっても使いづらかったり、購入のオマケとしてサーブされても結果的にはありがたくなかったりします。

良くも悪くもValhalla DSPはブレないので、フォローし続ける甲斐があるかな、って感じです。