Sonyが3D音響の音源配信を開始するとか

は?と思ったのですが、Sony Adds New Streaming Music Format ‘360 Reality Audio’ – hypebotがそのように伝えてます。

マルチトラックを360 Reality Audioに変換して配信するとは説明されていて、Deezer、nugs.net、Qobuz、TIDALなど既存の配信サービスへの提供が決まってるとはいえ、現在のリスニング環境で聞けるのかってとこまではわかんないですね。
リアルタイムの音源を変換できるのかとか、リスナーがインタラクティブに音像を変化させられるのかとか、変換に際してミックス時の下準備がどの程度必要なのかとか、ってのも不明(情報見つからず)。

マルチトラック状態の音源が必要ということは、ある程度古い音源までは掘り起こせば対応させられそうですけど、マルチが残ってないレベルのものはさすがに厳しいでしょうねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です