Polyverse “I Wish” Review 💭

今を去ること15年前にサイケトランスコンピ Tsunami において圧倒的なクオリティで耳を奪ったイスラエリックトランスの雄、Infected Mushroom はいまだに自分にとってアイドル的存在なのです。
Polyverse Music というところからInfected Mushroom Presentsと冠して、ベータ版のエフェクトプラグイン I wish が公開されています。
オーディオインプットされたものをショートループ化して、音程として鳴らせるようにするもの。

これ、僕は以前何度か、1個1個ボーカルサンプルにループ設定したり、Batteryに組み込んでグリッチさせてなおかつ微妙なピッチずれをAutoTuneで補正するなど手作業でやったことがあるんですが、もう少しラクしたいと思っていました。
かつてはDestroy FXのBuffer Overrideを使ったこともあったのですがMacだとBPM同期が取れずもどかしかった。

さて、I Wish。
Ableton Liveでのわかりやすい結線例が見当たらなかったのでキャプチャしときます。

LIVEの場合の結線例
LIVEの場合の結線例

MIDIを受け付けるオーディオプラグインと同じで、MIDIトラックを別途用意して、I wishを挿したトラックのI wishにMIDI toする(Session ViewのスクショですがArrangement Viewでも同様)形になります。

Logicの場合だと、こう。

ちょうどいいトランス曲なかったので、WOMのWild Windのデータを使いました。
Infected Mushroomご本人によるものもちゃんと紹介しときますかね。

「ギター弾けるのか?」「ん、弾けねえよ?」てなところから始まって面白いことになる。

まだベータ版とのことですが充分に機能がまとまっていて特に文句は無し。
ポリ数やベンド値の上げ下げが見づらかったり、音量バランスが若干取りにくくなる瞬間があるのは要改善。そのほか細かい調整が加わって完成かなと。
レスポンスも素晴らしく速いのでライブで使ってもいいかもしんない。