Fabfilter “Pro-R”

個人的にめっぽう高く評価しているFabfilter、そのYouTubeアカウントに Pro-R なる新製品が紹介されたことが一部で話題になっている模様。

 

Pro-R 動画を見ての所感

3点言及する。
1点目は、操作パラメーターが画面上部に移動しているほかはだいたい慣れ親しんだUIとで整理され、わかりやすいこと。
EQが内蔵されたリバーブ自体はLogicのSpace Designerしかりで珍しくはないが、スペアナで確認できるスタイルは機能性高いので、他社製品にも浸透してもらいたい。

2点目は各パラメーターの名称が抽象的な名前となり、通常のリバーブに慣れている人にとっては若干扱いにくいこと。
Early Reflection、Pre-Delay、Diffusion、Densityといったリバーブで見かける用語はたしかに仕組みを知っていないとわかりにくい。Audio UnitsのAUMatrix Reverbなんてパラメーター名が独特過ぎるあまり、自分もメモ書きを残した始末。そうした名称を排除してBrightness, Character, Distance, Space, Decay Rateとしているのは結構な賭けかなと思う。

AUMatrixReverb に関するメモ書き

機能を視覚的にわかりやすくする手法はまだこれぞという結論に至っていない(先日触れたコンプレッサーの話もそうだったが)。
時間経過に伴う変化をどう示すか。Tone2のIcarusがWavetableのIndexの変化を奥行きに持たせ、Altiverbは3Dグラフで減衰を示していた。
Pro-Rは’スペアナをぼかす’ことで残響を示す試みを提言していて(賛否両論分かれそうだけれども)僕は評価したい。

Fabfilterの動画は相変わらず親切である

3点目、これは直接Pro-Rの仕組みには関係ないのだが、例によってFabfilterのYouTube動画の説明が親切で、なるほどなあと思う設定が惜しげもなく披露されている。
リバーブはセンド先にEQやChorusとセットで挿して使うことが多くなってきているけれど、動画のようにDeEsserよろしく10kHz辺りをカットってのをやってよいものかどうか、自身こっそりやって来てはいたものの、ずっと不安だった。

※デモ版でもリリースされたら、この記事をレビューに切り替えて再編する。