Auditor – iPad向けのオーディオエディタ

The Developer of LayR Synth Releases Auditor, Audio Editor For iOS : Ask.Audioによると、iPad向けのオーディオエディタとしてLiving Memory SoftwareからAuditorってのがリリースされたようです。
価格は…¥860って書いてるのかな…(対応機種外だと疲れ目には字がほとんど見えない)。期間限定での価格とのこと。
App Storeで検索すると同名の別のアプリも出てくるので、リンク(アフィ)も載っけておきます。

Auditor – Living Memory Software
Auditor – Living Memory Software
「Auditor - Audio Editor」をApp Storeで
‎「Auditor – Audio Editor」をApp Storeで

iPadはうちじゃ今ひとつ使いどこがなく処分してしまったので操作感を始めとした動作確認を行えていませんが、製品紹介のスクショやマニュアルなど見た感じだと、バッチ処理の他、3gp, AIFC, RF64等のフォーマットへの出力、バッチ処理、複数ステップのアンドゥ、マルチレイヤーエディット、クロスフェードループなど機能も多岐にわたっていて、ルーラーもフレーム数、時間、小節+拍+ティック数の表示に切り替えられるため、思ったより実用的な印象があります。

Cubaseをタッチディスプレイとともに操作するととっても便利、なんて記事を以前見かけたことがあります。
波形編集をiPadで操作するイメージがどうも湧きませんが、少なくともiPad上で使うぶんには活用できるでしょうし、macOSの波形編集ソフトとしてAudacity以外に汎用的なものがいまだにない(観測範囲の問題か?)ことからするとMacとiPad間でホイホイとファイルをやり取りして作業したほうがもしかして効率いいかもしれません。

※すいません、またなんか記事の状態が先祖返りしてました。いい加減にしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください