The Spellbook : 「神聖幾何学」モチーフのM4Lデバイス

The Spellbook は、Sacred Geometry(日本語では「神聖幾何学」と呼ぶらしい)をモチーフとして、さまざまなオートメーションを発動させるMax4Live用デバイス。
デベロッパーはHypnus Records & Chaos Culture。

Spellbook | Hypnus Records | MaxforLive Modulation
Spellbook | Hypnus Records | MaxforLive Modulation

Sacred Geometryはダビデの星(六芒星)などの星型多角形のようにスピリチュアルの方面でよく取り上げられる図形を指すようです。二次元の図形だけでなく三次元のものも含みますし、フィボナッチ数列、黄金比も含むらしい。フラクタルはギリギリ含まれないっぽい。
というか、そこまで正確に定義されるものなのか、よくわかんない。

とはいってもここで用いられるSacred Geometryはあくまで図形としての面白さが焦点であって、紹介動画を見るとわかるように座標の移動がさまざまなパラメーターにアサインされたその結果を目と耳で楽しむ、そんな用途になります。
これによって治らない病気が治るわけではない(治るのかもしれないが)。

図形や動きを転用すると音にどんな変化がもたらされるか、それによって何か面白い発見があるかってのは僕自身ずっと興味を抱いてることの一つで、だけど残念ながらプログラムをかじってこなかった身として、こうしたデバイスの登場には軽く心躍ります。