Hit’n’Mix “DeepRemix” ステム分離にも役立ちそう

DeezerのSpleeterが組み込まれたソフトやウェブサービスを以前に取り上げたことがあって、著作権の許す限りにおいて傍若無人なことができてなかなか楽しいのですが、そこでHit’n’Mixってメーカーを知りました。
このメーカーの DeepRemix というソフトをダウンロードして4日間だけ使うことができると聞いて、早速なので試してみました。

まず、ここんとこ(これからも)あまりきっちり時間を取れないもんで、Webなど隅々見てる時間がなく、InfinityやらRipXやらDeepAudioやらDeepRemixやらの用語ないし製品名を掲げられてもそれぞれの関係性がわからず、戸惑いますね。しまいに挫折しました。

SpleeterとiZotopeのRXとCelemonyのMelodyneの統合体というとわかりやすいですかね。音楽的用途でもいいし、レストレーション用途としてもかなり使えます。
使ってみての所感としては、当然ながら見事に分離されます。分離された上でMelodyneのように、ときにはMelodyne以上に自由に加工できます。とはいえ、そこまで高品質とも言いにくく、ピッチを変えたりすれば簡単にクシャッとした音になっちゃいますね。
上のスクショにも見える通り、時間はかかっても5つ以上のトラックへの分離ができ、リバランスを行うことももちろん可能。うまく表示を切り替えつつコツコツと進めていけば、メジャー調の曲をマイナー調に変えることもできますね。

基本的に技術的な土台が充分あって、驚くようなこともできるんだけど、それぞれまだ完全には仕上がっていないという印象を受けます。つまり、これが完全体として仕上がったら結構ヤバいことをたくさん出来そうだとは思います。著作権法がおっつかない。
Webページもですが、ビジュアルが「ん?」って感じなのと、UIが少しわかりにくかったり操作しにくかったりなのと、この辺りが充実してくれたらいいなって思います。

ちなみに、デモ版のゲット手法はごくごく簡単なのですが、タイミング次第ではダウンロードに膨大な時間がかかります。ダウンロード・リクエストが殺到してるのか、それとも動画配信があちこちで行われて回線が圧迫されてるのかわかりませんけども。