Battery 3 のライブラリーをBattery 4に

Battery 3 に付属していたパーカッション素材が扱いやすくて助かっていたのだけど、現在はディスコンしてて、インストーラとISOこそ入手可能なもののインストールに失敗する可能性があるんだよなあと、既に半年も前のMac復旧後の環境復元時に諦めていました(ファイル自体はバックアップしてある)。Openのメニューから開けるから別にいいかとも思いつつ。

How to Access BATTERY 3 Kits via the BATTERY 4 and MASCHINE 2 Library Browser – Native Instruments
How to Access BATTERY 3 Kits via the BATTERY 4 and MASCHINE 2 Library Browser – Native Instruments

だけど何らかのきっかけでOpenメニューから辿りづらくなったら困りそうだと思ってググったところ、Battery 4からBatch Resaveするといいと仰るサポートページがありました。
早速、と変換完了したものの一向に状況が変わらない…。
てか、Workspace欄にドライブが表示されていない問題も起きていて(未解決のバグかもしれない;Main drive no longer shows up in workspace in Kontakt, Battery etc. [en-us] – Native Instruments)、結局PreferencesのLibraryのUserってところにBattery 3のライブラリーを指定してしのぎました。
残念ながらBattery 3とBattery 4ではセルの最大個数が異なるため、Battery 3の音色のセル個数が多すぎると2つ以上に分割されてしまい、あんまり効率はよくない。