ARCHÉ COLLECTION イカす!

ダイナミックな表現を実現するタッチコントローラー TOUCHÉ で有名なExpress EがNAMM2019に送り出したらしい ARCHÉ COLLECTION のバイオリン、ビオラ、チェロのサウンドがとてもいいです。
TOUCHÉ、面白いとは思いながらも伝わりにくい部分があったのですが、このフィジカルモデリングによるソフトウェア楽器のシリーズが充実してきたら、がぜん流行りそうな気もします。

<a href="https://www.expressivee.com/arche-collection?___store=world_en&__from_store=world_en">ARCHÉ COLLECTION</a>” class=”wp-image-54131″/></a><figcaption><a href=ARCHÉ COLLECTION

こういう可愛らしい楽器を作ったよ、って話でも面白いんですが、はい、これはイメージであって実際にはフィジカルモデリングのソフトウェアの話です。
それでも充分じゃないですか、このクオリティ。
特にトレモロの感じがいいですね。
多くのサンプリング音源ではトレモロの速さをコントロールできませんし、ものによってはトレモロにした途端音量がでかくなったり…。

イントロダクトリー・プライスとして2/15までの間、セットで99€/$(正規120€/$)、各39€/$(正規49€/$)で販売とのこと。
コントローラーであるTOUCHÉは499€で、TOUCHÉ SEは229€(この2つは$での表記が見当たらないので要確認)。
なお、TOUCHÉとTOUCHÉ SEの違いはTouché vs. Touché SE: what’s the difference? – Nerd Audioによると、USB以外にMIDI IN/OUTおよび4つのCV OUTがついたTOUCHÉに比べ、SEはウッドトップがなくUSB接続のみです。読み方はトゥシェ(感動した!とかやられた!という意味らしい)。

日本での代理店はHOOKUP

ARCHÉ COLLECTION イカす!” に対して1件のコメントがあります。

  1. となだつみこ より:

    ARCHÉ COLLECTIONのほうは日本ではどこで購入できるんでしょうね。
    どうにもtoucheの売っているサイト等にもでておらず、調べたところこのブログが見つかったのでコメントします。

    1. makou より:

      パッケージ(箱)での販売になるか不明ですが、おそらく代理店はHOOKUPさんかなと。
      今はまだマニュアルの日本語化や日本語OSでの動作確認など準備中の段階じゃないかなと思います。
      早ければ今週末開催されているNAMMショーが終わって週明けにでも情報が出るんじゃないでしょうか。
      ソフトウェアですんで、日本語マニュアルが必要なければメーカーサイトから直接買っちゃう手もありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です