北海道弁の「さる」

北海道在住ってことで北海道弁の話題は雑談でも頻繁に持ち出されるんですが、ふと「さる」の言い回しで思ったことをつれづれと。

「さる」は自発的表現とあります。

「進んでそうしようと思っているわけではないが、状況が自動的にそうしてしまう」という心情を表せる。

北海道方言 – Wikipedia

 

動詞の活用そのものに「自分が悪いのではなく、対象物が悪い」の意味が内包されているため非常に便利であり、多くの場面にこの表現が当てはめられる。「この鉛筆、書かさらない」、「電気が消ささらない」

またその逆に、人に向かって注意を喚起する際、この表現を用いれば「誰が悪いとは言わないが、対象物がそうなっている」という意味合いが出せるため、相手にあまり負担を感じさせずに言うことができる。

「〜さる」は自動詞がない動詞を自動詞として使いたい北海道の人が編み出した方法ですね。だから「言わさる」は耳に馴染みはなくても北海道の文法上は合っていることになります。

北海道弁「押ささる」は便利すぎるので標準語にするべき #北海道あるある – yumulog | 社会人博士の日記 の※欄

「植える(古語ワ下二:植う)」に対する「植わる」、「据える(古語ワ下二:据う)」に対する「据わる」、「茹でる(古語ダ下二)」に対する「茹だる」みたいな、語幹に”aru”がつく自動詞他動詞対応(cf. 日本語の自動詞と他動詞の対応表 – 御光堂世界~Pulinの日記)がないものは”asaru”を強引につけて自動詞化してるってことみたいです。

自発的表現に含まれるのかな、全道的に使われる語法か不明ですが、次のような使い方も経験があります。
「書かさった!」(=なんとか書き終えた!)
「配らさった!」(=どうにか配り終えた!)
「押ささった!」(=どうにか押すことができた!)
「書かさる」は、筆記具にインク切れ等の問題があって、インクを補充したあと書けるようになったときや、書いてる最中に「書けたか?」と催促っぽい指示が何度かあってせっつかされながらも書き終えたことを宣言するときなんかに言い得ます。
同様に「配らさる」は、数が足りるかどうかわからないけど配ってみたら配るべき人すべてに行き渡ったときや、やたら時間が掛かってしまったけど配り終えたときなんかに言い得ます。
この語法も考慮に入れると、責任回避というよりも、何らかの意思に沿わない事態があったことをうっすら滲ませた語法かなという気がします。
より意思に沿わない事態であることを強調するときには「らさる」って言い回しになる傾向もありそう。「押ささる」よりも「押さらさる」って言ったほうが、自分の意思じゃない印象が強い。北海道弁としても正しくないのかもしれませんが。

あと、先ほどの自動詞他動詞対応の「茹でる」で考えると、「茹でらさる」(「ら」が欠落する可能性もあり)は、たとえばトウモロコシだけを茹でるつもりだったのにムシが紛れ込んでいて、ムシを茹でるつもりはなかったのに不本意にムシも茹でてしまった場合に言い得ます。
個人的には「茹だらさる」のほうが抵抗なく使えます。何故なら「ムシが」という主語を「茹だる」が直接取れるから。「ムシが茹でらさる」も言い得るけど、「茹でらさる」ときの「ムシ」は本来たぶん目的語で、「さる」によって「茹でる」が自動詞化されているため連動して「ムシを」でなく「ムシが」になってるのではないかと思います。
「茹だらさる」のほうが抵抗なく使えるけれども、もし「茹でておけ」という指令があってその任務を遂行したことを伝える際には「茹でらさる」と言うのが妥当かと思います。「茹だらさる」だと動作主である「私が」を取れず、むしろ指令を受けた自分が任務を全うすることなく勝手にモノが茹だり上がってしまったことを示してしまいます。

漢語や横文字使ったような言い回しは「サチる」→「サチらさる」みたいなラ行にでも落とし込まれない限り借り物感が出ますね(「着陸さらさる」OR「着陸しらさる」みたいな揺れも起きる;「着陸せらさる」くらいまで揺れる可能性もあり)。

Wikipediaの北海道弁のアクセントのとこ見てると、だんだん喋るのにも何か勇気が必要な気分になってきますね。怖。

追記:
いや、はたしてどうかなと思うのを幾つか思いついてしまったけど、いずれ(それなりに)考えることにしてひとまず列挙。

  • 死なさる:「死なす」?「る」語尾が下がらないアクセントに妙な感じ
  • 寝らさる、寝ささる:後者は一体何だ?
  • 立たらさる:何だこれ
  • 来(き/く/こ)らさる、来(き/こ)ささる:揺れがある
  • 刺す-刺さる、刺さらさる:真っ当か
  • 焼く-焼ける、焼かさる
  • 巻く、巻かさる
  • 負ける、負かさる
  • 背負わさる:背負わす(使役の助動詞が影響してる?)
  • 泳がさる:完遂の意味では使えない可能性(浸透度の問題か?)
  • 変える-変わる、変わらさる
  • 脱ぐ-脱げる、脱がす、脱がさる、脱げらさる:脱がさる、脱が(げ)らさるは北海道弁の可能性

あと、使役助動詞は動詞が五段活用するとき以外「す、さす」の形にならないとどこかにあった(Wikipediaかな?)気がするのだけど、わりと北海道だとそれ以外でも「す、さす」で言う気がする。大阪弁の影響なのかな(cf.使役の助動詞(す、さす))という気も。