Drumforge “Kickforge” 幅広いキックサウンドを作れるっぽい

初めて見るメーカー…かな、Drumforgeってとこから、キックの音を合成&調整できる Kickforge がリリースされてます。

定価が$99(現在 10,275円)で、現在イントロ価格で$39(現在 4,048円)。

Kickforge | Drumforge
Kickforge | Drumforge

この日記をよく読んでくださってる方はおわかりと思うのですが、ふだんこういう、自力でカバーできそうなソフトは取り上げないのです。
なんで今回取り上げたかというと、予想以上に幅広いジャンルをカバーしてるっぽく、求めてる人がいるかもしれないから。
上のスクショでいう真ん中辺りのEXAMPLESって文字をクリックすると、SoundCloudにアップされたデモ音源を聞くことができ、EDMのみならずメタルやロックの硬いキックの音までカバーできているのがわかります(ミックス技術によるところもありそう)。

もともとはKontaktのライブラリーだったものらしい。

構造としては、2つのキックの音を混ぜてエフェクターでまとめて出すというオーソドックスなもので、このソフト抜きに自力でやれないこともありません。特殊なエフェクターを積んでいるわけでもありません。
組み合わせで出せるキックの種類も2,900以上と、この種のソフトにしてはそこまで多くもない。
したがって、これがないと断然困るってほどでもないのですが、もし今持ってる音ネタでまかない切れなくなった時の選択肢の一つとしては持っててもいいのかもと思いました。

以前も書いたようにキックのジェネレーターは意外とあちこちから出ていて、個人的にはこの流れでスネアやクラップ、ハイハットの音も作れるソフトが欲しいなあと思ってます。キックに比べるとその生成方法は格段に難しそうですけども。
Logicにも純正で備わってはいますが、わりとすぐバリエーションを使い切っちゃいますからね。