makou.com

logic pro x tips & some more.

Paypal支払い失敗するケースで問い合わせた

サイトの再建、今3割くらい補修できたかなと。

さて、Iris 2MPB2購入の際に発生していた支払いの問題が、ホントは予定なかったけど必要になってVir2 Mallets導入しようって段になってまた起きてしまった。

具体的にはPaypalに支払った連絡がショップに届いていないという状態で、結論としてはPaypalでの取引明細をメール添付してショップに送ればいいらしい。
まあ、だって、購入証明として確実なもの、これ以上にはないですし。


これまで

iZotopeで2件、Vir 2商品の販売を代行するBigFishで1件起きた。

iZotopeはいずれもダウンロード完了後オーサライズ時に気付いて連絡し、半日も経たず誠実なメールが返ってきたのだった。
2度目の問い合わせに「支払いの通知が届くべきところに届かない事態がたまに起きる」と説明してくれた。

When paying via Paypal on our site, the order is delivered to the e-mail address associated with your Paypal account. In some cases, the confirmation e-mail is also sent to the customers Paypal e-mail instead of their iZotope.com e-mail address. I apologize if this has happened in your case.

取引明細画面

取引明細画面

一方BigFishは、ダウンロードが途中で止まってしまいにpage not foundになっちゃうよ、ふぇ〜んってので連絡したわけだが、1日待たされた上で「オーダーIDが見つからないんだが?」とつっけんどんに返された。
カスタマーサービスの対応が丁寧であるべきなんてのはローカルルールみたいなもんなので、こんなことで目くじら立てる必要はない。
ということで、Paypalの取引明細を「取引は済んでいるようだが?」と、同じくつっけんどんに返信したのだった。Paypalに問い合わせてみる前の話。
ついでなので、iZotopeとの間でこういうことがあったよって情報も添えてある。

問い合わせた

あまりこういうことが立て続くとそのたび制作業務が押してしまうので実際、困る。
待ちたくないから高速な決済方法を選んでるんでね。
というか、考えてみたら自分側のPaypal設定のミスの可能性もあるんじゃね?というのが今回問い合わせたキッカケ。

で、BigFishとの間でこういう状態になっていて、以前iZotopeからは「たまにこういう事態が起きる」と伝えられていて〜と告げると、Paypalのサポートの方が流暢な日本語で曰く「お客さまの不備ではございません。取引履歴を拝見してもたいへん優良にお使いいただいていて──」(いや、そういうのいいからw)と。

要するに、ユーザー側で必要な設定は充分に整っていてショップ側でのPaypal導入の不備が問題ということだ。
それはそれでいいとして、でも商品が届かないという今回みたいな場合はどうすればいいのかと聞いたら、既述のようにショップ側に取引明細を示し、ショップ側にきっちり確認してもらうのが唯一解なのだそうだ。
それでもショップ側が確認取れないと言い出したら?と聞いたら、ショップ側の問題なのでユーザーに一切非はない、ついでにいえばPaypalが悪いわけでもない、と。
非がないのはいいけど、問題が解決できない間いつまでも商品が手元にないんじゃ困るんで、こういう場合は返金処理して別の支払い手段を選べばいいの?と聞いたら、「いいえ、Paypal側がショップを責め立てます」(強気!w)とのことだった。

つまり

最低限自分のアカウントは完璧にしておくこと。
その上で、購入のReceiptがショップから届かないなど不審な点があれば、それはショップ側のPaypal導入に問題があるので、取引明細を送って購入を証明し、ただちに対応してもらうこと。
ここで何らかの諍いが起きたならばPaypalの窓口に問い合わせること。

あとショップのサポートに伝えるときの言い回しについても念のため書いておく。
だいぶ昔にも書いたのだけど日本らしい婉曲表現は丁寧であっても意図が伝わらないなら意味がない。
「日ごろ御社製品を愛用しています。先日Paypalを通じて商品を購入したはずなのですが…?」みたいなのはあまりよくない。
「日ごろ御社製品を愛用しています。◯月◯日◯時にPaypalを通じて購入した商品□□のReceiptが届いていません。WebでReceiptを確認できるならばURLを教えてください。御社のミステイクであるならば処理を確認して連絡ください。」くらいに物事を特定しやすくして、こちらにどうアクションしてくれたらいいのか伝えるほうがだいぶマシ(つっけんどんなメールが返ってくるとしても、「えっと、何ですか?」ってメールが返ってくるよりよほどいいでしょ)。

Paypalのサポートに電話するとわかるが「商品が届かない場合のお問い合わせは◯番を」というガイダンスが流れる。
先ほど電話でたずねた場合は「めったにないことだが」と念を押されたのだが、窓口として1個設けられてる以上それなりの件数で発生しているはずで、ショップ側での導入にばかり原因があると言い切れない。
こういう支払いもゆ〜っくりビットコインに変わっていくのかなとふと思った。

カテゴリー:雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + three =