歌い方、好き好き

「歌マネ、ものマネ」が平気の、近頃の日本のポップス音楽界。というニュースを見かけました。

livedoor ニュース - 「歌マネ、ものマネ」が平気の、近頃の日本のポップス音楽界。(アーカイブ)
livedoor ニュース – 「歌マネ、ものマネ」が平気の、近頃の日本のポップス音楽界。(アーカイブ)

さてチョット問題だと思うのは、歌の曲の作り方と、その歌い方である。女性歌手なのだが、曲はミディアム・ロックバラード風で、イントロは、モノローグ的に低く入り、急に高いキイになり、ファルセットに変わり、一見ドラマチックに盛り上がり、歌のサビの部分に入り、終章を迎える。歌詞がやたらと長いのだ。それを女性歌手が歌っているのだが、その歌い方が、片手にマイク、片手をやたら動かして表現する。顔つきは、眼をつぶり、顔をシカメて、直立体型で、膝をかがめたり、腰を曲げたり、移動は決してしない。

ボク自身あまりTVを見る人ではないのですが、たしかに、たまに見て「新しい歌い手っぽいけど、よく見る/聞く歌い方だな」って感じることがあります。
つい先日、「心の旅」という曲を誰だったかが歌っていたのをたまたま見て、歌い手も歌の上手さも好きなのに、この歌をこういう歌い方して欲しくないなと感じました。
同時に、それまで感じた事は一度もなかった、「上手く歌うことはできても、歌い上げることのできない人たちがいるのかもしれない」といった疑念が頭をもたげ始めました。

オリジナルの曲の場合、曲を作った人間がおそらく歌詞の内容も考慮に入れて作っていると思うので、その人が歌い上げ方に対して細かな指示を与えつつ曲を作り上げてゆくこともできるでしょう。ディレクションってやつ。
コピー/カバーの場合はどうなんでしょうね? 誰が歌詞の内容を理解して歌い上げ方を練るんでしょうか? ってそんなふうに考えていると、歌い上げる感じではない歌い方を耳にしたときに「ああ、この人はやっつけ仕事で歌う人なんだな」と思えちゃったりするのですよ、ボクは。

やっつけとはいかないまでも場数中心に活動している歌い手さんは、自分の歌い方を自分の中に作ってしまって、いざというときに、曲の作り手からのディレクションに従うことができなくなっちゃってる場合があるんですね。ここはこう歌うものっていう自分ルールから脱却できないみたいな。
でも変な話、そんなんでいいならVocaloidに歌わせりゃいいんで。そうではない生の歌い手が歌を歌うときって、ボクの場合、歌の解釈と表現力を期待して聞いているんですね。

あ、もちろん歌を素材として考える考え方を否定する気はないです(その話とからめて持論を書くとさらにややこしい話になりそうなので書きません)し、むしろ思いっきり肯定派です。

なんだか話がそれてますけど、ま、その、ああした歌われ方が理想的であり世の中普遍的にそういうもの、と次の世代の人たちに伝えているかもしれない怖さをボクは感じています。