XLN Audio “XO” やっばい

Addictive Drums等で知られるXLN Audioから XO 出ました。

ぱっと見は、AlgonautのATLASやSononymを連想させます。

【参考】

が、比べてみるとATLASがどちらかというとサンプルサーチエンジン止まりなのに対して、XOはシーケンサーのさらに微調整も含めた総合リズムエンジンで、痒くないとこまで手が届いちゃってる感じ?
詰め込みすぎて字がちっちゃくて見えねえっつうのがひとまず厄介ですが。

ATLAS以外も引き合いに出していうなら、僕的には、SteinbergのGroove Agentの音がわりと今の制作にマッチしているけど(Cubase以外だと)やたら起動に時間がかかるので、Logic純正のUltrabeatやNIのBattery 4を仕方なく使う、もしくは画面の切り替えこそ面倒だけどReWire2でReasonをつなげて、音色の幅が比較的広いKongや潔く機能を絞ったRedrumを使うか、といったイマイチ納得できてなかった状況を解決する救世主のようにも感じています。
シンプルながら内部FXやサンプルエディット、マルチアウトプットには対応していますし、地味に発音タイミングを微調整するナッジ機能も効果的で、ライブラリーやプリセットも比較的充実してる上にベクトルが揃ってるので、作成中の曲をざっとこっち(電子音楽)方面に寄せたいときや、一からそっち系で作ろうってときにはインスピレーション元としてもかなり重宝するんじゃないかと思いました。

しいていえば、やっぱ字が小さすぎるのと、ライブラリーやプリセットのベクトルが揃ってるとはいえ刺激があまりないのと、初回起動時に何をしていいのかまるでわからんのとがネックかもしれません。
個々のサンプルに対してピッチやフィルタのエンベロープがあってもいいかもな、ってのも。
それから、ローカルにある大量の素材をユーザーライブラリとして放り込むと、ADSR Sample Managerもそうでしたがもともと軽量ソフトでもそれなりに重くなってしまうのがね。たぶん、これ方法あると思うんですけど。
あとはたぶんおそらく機能的に備わっているんだろうけど見つけられていないのが、SNAREの音をローカルデータのこのファイル、しかもユニーク(”一対一の”の意味)な名称でないファイルにピンポイントで変更したいときにどうしたらいいんだろう、ってのが気になるくらいです。

しばらくデモ版を使ってみて、使用感について気になるところがあれば追記させてもらうかもしれません。
お値段は今のところ2万円をわずかに切るくらい。

XLN Audio XO (Plugin Boutique)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です