【動画ネタ】 Virgil Donati

2007年(?)にリリースされたAlex Machacek, Matt Garrison, Jeff SipeのImprovisionってのが凄かったなあという話の流れで、8フィンガーで知られるTJ Helmerichの動画をあさり始めてたわけですが。TJはスタジオエンジニアとしても長けてる方ですね。

Brett GarsedとTJ Helmerichのバンドの演奏は前にも動画で見たことがあったんですが、そのライブでのドラムソロの動画は初めて見ました。

スティック回し以外のスティックトリックってこの頃あまり無かったような気が。

比較的最近はどんな感じのプレイになってるのかなと。エラいセッティングになってました。タム…。

一方で変拍子の解釈も新鮮。新鮮なのだけど、荒らしてほしいところや整えてほしいところを外さない(そりゃプロだもんな)から一緒にやる人は安心だろうな。

早さ、正確さ、パワーって点でThomas Langのような凄いのもおられるのだけど、懐はこっちのほうが広そう。大振りだけど安定してたり、弱い音でも粒が揃ってたり、スティックぶつかることも無い(叩き損ねはかなりあるか…)。つか軌跡が奇麗。

Wikipedia英語版を見ると2歳でドラムを叩き始めて6歳でもうステージに立ち、15歳でデビュー。1995年にソロアルバム出して、1999年には元ドリームシアターのキーボーディストであるDerek SherinianとPlanet Xってバンドを結成と。
もっと早く知っておきたかったな。分析目的でですが。