制作支援ツール Arcade 、100日間無料トライアル

時間が無くてちゃんと試せてないのだけど、 Arcade という音楽制作支援ソフトが登場して100日の無料トライアルが可能なようです。

ダウンロード時にカード番号が必須…ということは、登録解除せずにいたら100日後に自動的に月額課金が始まる可能性あり…? 勘繰りすぎ? さすがに確認メールなりダイアログなり開きますよね、きっと。

これらの動画コメント無効になってますね。まさかネガコメ封じ? 疑心暗鬼になり過ぎてもいかんな。
Thumb Upが多いので、いいものなんでしょう。

と、10分程度試した感触としては全然悪くない。
むしろ非常にスマートで、今や詰め込み過ぎてブロートウェア化しつつあるGarageBandの誕生時の目的性の高い姿、かつ今のところ各素材ともオリジナリティが強く、インチキっぽさもなく、音質もよく、要らない素材でかさ増し販売されるサンプルパックを購入するくらいなら月額$10払ってこっちを使ったほうがいい気がしてきます。

LoopCloudNoiizSound.comなど似たようなベクトルのものが少しずつ増えてきてるので、経済的にゆとりのある人は複数組み合わせてオリジナリティを追求するのもよいかと。
考えてみると、ADSR Sample Manager(参考:ADSR Sample Managerがいい感じ)、Sononym(参考:Sononym は似たサウンドを探すのにうってつけ)、KLIP(※70%オフ中)といった一種のメタサンプラー陣営はちょっと押された印象がありますなあ。
お互いにかち合ってるわけではないので、いずれ共存共栄を図る形に収まるのかもしれません。
ふと思ったけど、いっとき電子書籍業界で起きたようなメーカーの撤退がもし起きたらその結果、過去の制作曲が開けなくなるハメにならないのか。…いくらなんでも2,3年の間にそんなことが起きるとは思わないのですが、ちょっと不安になりました。

それと気になるのは、今のとこ僕も把握しきれてませんが、これら各社の膨大な素材アーカイブにアクセスできるソフトがiPadやiPhone, Android等の端末で使用可能になるのかどうか。
一頃より落ち着いてきてはいますが、今も音楽ソフト、機器メーカーによるこれらの端末への注力っぷりは続いてるので、他のアプリとの連携やLive Link可能かというのも気にはなります(的外れな見解かも)。

せっかくなので、この一見「ラクになるツール」をどう面白く料理してやるか考えてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です