Logic Pro : 歴代Logicをやんわり紐解く

以前一度、代々のLogicのアイコンってどうだったっけと気になってざっとググったことがあるのだけど、都合よくまとまっているサイトがありませんでした。
その延長といいますか…思い出を手繰るついでに、ネットで見つかったスクショを引用してみます。

定かではないが、ざっと調べた感じはこういう歴史らしい
1988 Notator C-Lab Atari ST  
1993 Notator Logic Emagic    
  Logic 2   Mac/PC  
1995? Logic 3   Mac  
  Logic 3.5   Mac/PC?  
1999? Logic 4     dongle to XS key
2002 Logic 5 Apple    
  Logic 5.5      
2004 Logic 6 / Logic Pro 6   Mac OSX  
  Logic Pro 7      
2007 Logic Pro 8      
2009 Logic Pro 9      
2013 Logic Pro X      

Logic 3.5のスクショのアプリケーションアイコン(ウィンドウの左上に見えるアイコン)は、僕の知るもの。
自分はバージョン4から使い始めたと今まで思い込んでいましたが、どうも3.5辺りで使い始めていたようです。

外部MIDI機器を扱うシーケンスソフトとしてのLogicであったけれども、インストールして起動しただけでは音が鳴らず。今はだいたいのDAWが初心者でも使える仕組みになっているのと比べると専門家仕様の印象を受けます。
じゃあどのように当時MIDI機器を鳴らしたのかというと、現バージョンでも形だけひとまず残っている機能であるEnvironment。Environmentは凝った仕組みにすれば相当変態なサウンド環境が構築できる機能なのですが、インストール直後にいきなりそんな奥の深いものに触れなければならなかったわけです。

「ハードディスクレコーディング」という言葉が浸透し、Logicにもオーディオレコーディングの機能が。(おそらく)実験を兼ねてLogicとLogic Audioはいったん別ラインとなりましたが、AudioはLogicの標準機能とされすぐまた一本のラインに統合されました。
Macにつなぐ機器としてMIDIインターフェイスだけあればよかったのが、オーディオインターフェイスも必要になります。その頃は選択肢も少なく、高くて良いものか安くて良くないものかの二択、つまりミドルグレードの製品がなかったと思います。うちではAudiowerk 8を使っていた…かな? 定かじゃありませんが。同時期にAudiomedia IIIも使っていて、たしかG3カードをPCIに挿したのと引き換えに使えなくなって、Pro Tools環境(ただしAudiosuite)ともお別れしたのでした。

Audio機能を備えてからのLogicは、バージョンアップでもビジュアル面に変化はほとんど無く、プラグインエフェクトの追加やEXS用ライブラリーの追加など、目につきにくい面でのアップデートが重点的でした。
これらのプラグインエフェクトのほとんどの仕様は、実は今もほとんど変わってません。近年のアップデートでやっとビジュアルが変更になったりテンポ同期機能が搭載されましたけど。
なおSilver Reverb, Gold Reverb, Platinum ReverbといったReverbのバリエーションは、当時Logic Audio自体がSilver, Gold, Platinumのグレードに分かれていたことに由来しています。
EVPやEVBが備わったのもこの頃とのこと(МО – Emagic Logic Audio Platinum 5 и Logic Control)。

ここまでのスクショのキャプションを見てもわかる通り、Logicという名前は一貫しているもののProだのPlatinumだのと商品ラインナップがちょくちょく変わっていて、それはLogicに限らずCubaseなんかもそうだったわけですが、今ひとつ記憶がうまく辿れない一因かも。

Logic 6や7の頃の動作は少なくとも自分の環境では安定したり極端に不安定だったりで、たとえば直接数値入力をしたりコピペするだけでクラッシュするなんていうとんでもない時期もありました。僕にとってはトラウマ並みの出来事で、いまだにちょっとした操作を行うだけですぐ保存するクセが抜けません。
Logic Pro 9やLogic Pro Xには保存時にバックアップを作成する機能がありますが、僕のこの習慣のせいでProject File Backupsの中身は頻繁に大量のバックアップで埋め尽くされてしまいます。これらを処分するClean Up機能はそういう理由で僕の制作プロセスの中でルーチンの一部となってるのですが、仮にClean Upにバグがあった場合には取り返しのつかないデータ削除を行いそうで怖い(むろん、そうならないように慎重にClean Upを行なっていますが)。
また、使用したものをひとところにまとめて管理するクセのある自分としては、たとえば一時的にCubaseやLiveを使用したりピッチ補正にMelodyneを使用した場合にも、それらをプロジェクトフォルダに入れてしまいます。Clean Upはプロジェクトフォルダ内のオーディオファイルとソングファイル中のオーディオファイルを比較して、ソングファイルに含まれないオーディオファイルをゴミ箱に移動する機能なので、こうしたCubaseやMelodyne等のいわば中間ファイルを丸ごと処分してしまう恐れがあってやっぱり怖い。必要なものを残しつつ余計なものを消すのは結局今も自力で行う、さもなくば制作においてはLogicのみを使う、このいずれかの選択が僕には常につきまとっています。昨日の日記でトラックダウン以降の作業をLogic Pro Xのみでなるべく行うようにしたと書いた理由の一つはここですね。

良くも悪くもこれまでのLogicは各画面が散り散りになりOS Xのインターフェイスになると画面切り替えが行いづらかった。だけれども、旧来のUIが使いやすいと感じてしまうのが人情(?)なもので、Logic Pro 8で単ウィンドウに収められてしまった当初は「ないわぁ」と言わざるを得ませんでした。まあ結局慣れてしまったのですが。

アンプシミュが流行り出したのがLogic Pro 8だったか9だったかの頃。他の色んなDAWもアンプシミュやペダルボードの機能を搭載し始めました。
Flex機能は9からみたいですね。Logic 4くらいのころからオーディオ編集機能にTime Machineというのがあって、なかなか独特な結果が出て面白く、Flexなんか要らないんじゃね?と思ってた時期もありました。しかし、これも今となっては不可欠な機能であります。

Pro Xに関してはここまでの日記でもさんざん書いてきたので、改めて述べるほどのことはないのですが、こうして見てくるとビジュアル的に大きく変わった部分が無いというのは半分事実であり半分ウソだなと。けっこう変わってきているし、そしてその都度それなりに慣れてます。
とはいえ自分自身、慣れるまでの時間が昔よりも長くなりましたし、UIの変化や機能追加に対して文句が増えてます。昔が良かったと思い始めたら老いを自覚するべきなのでしょう。

cf.