「情報」の教科書

こういうのって独学でやっていくものだと普通に考えていたが、もう教科書で教えてもらえる時代なんだなぁ。こういうのを「高校で習った知識」として社会に出てくる若者がいることを、いまの40代50代60代はちゃんと知らないとね。もう「何か特殊なこと」ではない。「誰か得意な人がやること」でもない。教科書に載ってるんだもん。言い訳は通用しない。

www.さとなお.com(さなメモ): 高校の「情報」の教科書がすごい件
www.さとなお.com(さなメモ): 高校の「情報」の教科書がすごい件
www.さとなお.com(さなメモ): 高校の「情報」の教科書がすごい件

高校の「情報」の教科書ですか。なんとなく理解している程度の自分だし、読んでみたいなあ。

「言い訳は通用しない」っていうのは、「高校で習った」「若者」ならわからないとか言ってらんないよねってのと、「高校で習った」「若者」を「40代50代60代」は殊更に評価する必要もないのでは?ってのと、ふつうに理解できてバリバリ使いこなせる「若者」がすぐそこにいるけど「40代50代60代」はそれをすごいねえなんて他人事として見てていいのかね?(すごいって感心してたらすごくない自分はお払い箱なんじゃないの?)ってのとで解釈してました。
もう何年もしない内に40になる僕が感じたこと。