Sylenth1の64bit対応。人柱報告

旧バージョンからのCheck for Updateによるアップデートがうちの環境だと必ず中断されるんですが、どうも購入時のメールに記されたURLのインストーラが安定版の3.0.xのインストーラに置き換わっているようです。

Home | LennarDigital

You are using Sylenth1 v3.009, which is the latest version of Sylenth1. There are currently no updates available.

Your registered email address is: ***@***.***
If you would like to change your email address, please click here.

!!! IMPORTANT NOTE FOR LOGIC USERS !!!
The automation resolution has been corrected since Sylenth1 v3.008. Unfortunately, due to a bug in Logic, any automation that was recorded with the previous beta versions (v3.000 to v3.007), will therefore be decreased by a factor of 100/127 (or 78%). Please make sure to check any projects created with the previous beta version. Select all automation and increase it by a factor of 127/100 (or 127%), as shown below.

“Scale

It is recommended to take screenshots of the automation in all projects before installing v3.008 or up. Then after installation, you can adjust the automation to the levels in the screenshots.

Please note that this does NOT apply to projects created with the v2.x versions of Sylenth1! These will still load correctly. Also this seems to affect only Logic. Other hosts, such as Ableton Live, will keep the automation unchanged.

If you need to re-install v3.007 to check the automation (although this is not recommended!), you can temporarily still download it here: Sylenth1 Mac OSX v3.007 Beta 64bit

訳:お使いのバージョン3.009は最新版で、アップデートの必要はありません。
登録されたメールアドレスは:***@***.***
メールアドレスの変更を希望される方はフォームからご連絡を。

Logicユーザーの方へ重要なお知らせ
3.008以降オートメーションの解像度を修正しました。が、Logic自体のbugにより旧バージョンで記録されたオートメーションの値が圧縮されてしまっています。旧バージョンで作成したプロジェクトデータを確認の上、下記の方法で伸長してください。

“スケール
3.008以降のSylenth1をインストールする前に全てのプロジェクトデータでSylenth1のオートメーションのスクリーンショットを撮ってください。インストール後にスクリーンショットの値を参照しつつ調整することになります(2.xバージョンのSylenth1を使用したプロジェクトデータは関係ありません。またLogic以外のDAWでこの問題は起きません)。
3.007へのダウンデートが必要な方(ベータ版なのでなるべく使ってほしくはない!)は下記のリンクよりダウンロードしてください。

Logic Pro XでオートメーションをスケールするにはTrimを活用

Logic Pro XでオートメーションをスケールするにはTrimを活用

ちょっと僕のほうから補足させてもらうと、オートメーションの値をいちいち調整し直すのは非効率。Logic Pro Xを使っている方はオートメーション表示にしてTrimのところをいじったら一発で調整できるんで、活用してください。


ver3.0.0となり、待望の64bit対応…のベータバージョンが告知されたようです。
早速、自分とこでアップデートさせました。上のリンク先で32Livesに言及があることから察してよいのかわかりませんが、32Livesでコンバートされた擬似64bit版のSylenth1のcomponentは、アップデート時にどうやら自動的に削除されるようなので、>TTLWrapperPlugin.dylib plug-inのエラーの心配は要らないようです。

    Mac Pro
(10.9.5)
Mac Book Pro
(10.10)
Logic Pro 9
10.2 ×(validationに失敗) ×(ライセンスの更新に失敗)
Live 9 (AU) ×(ライセンスの更新に失敗)

ちなみに旧バージョンをバックアップし損ねていた場合、購入時に登録したメールアドレスのメールボックスをあさって再度ダウンロードすることができます。