Stems のことなど

体調復帰…。ご心配メッセージくださった方々も、ありがとうございます。

4/1はM3用のボーカルレコーディングで、晩は留花バンドのリハがあるので仕方ないとして明後日ミックスに掛かります。業務もあるので多少前後しそうですが。
4/3〜5まで東京出張のため制作作業はNG。とはいえ2日目の打ち合わせがキャンセルになり時間がもったいないので原稿書きか開発用の初期データ作成を行えたらかえってラッキーかも。

CDMが立て続けに興味深い記事をアップしています。

Spectral Editという機能

Free Audacity Audio Editor Gets Spectral Edits, Live Plug-ins

Soundtrack Pro

Soundtrack Pro

Spectral EditはAdobe AuditionとかApple Soundtrack Pro(ディスコン?)に見られる機能で、なかなか面白いもんです。

Audacityにも搭載ということで見てみたら、そうチャレンジングなことはできないようですね。今後に期待したいところ。
(関連:無償波形編集ソフト「Audacity」、VST/AUエフェクトのリアルタイムプレビューが可能に – 窓の杜

Rolandのモジュラーシンセ

Roland Seems Poised to Enter Analog, Modular Worlds

取り上げられているのは、RolandのAIRA系の新製品ではないかとされるリーク写真。
憶測飛び交っていますが、CDM的には「CVイン/アウトを備えたデジタル機器ではなく紛れもなくアナログ機器だと思うし、AIRAとは構造が異なると思しきJD-Xi/Xaとも無関係だろう」と、要するに技術的蓄積のあるローランドがCVイン/アウトを備えた(アナログORデジタル)機器を出すのであれば大歓迎、みたいなスタンスのようです。
私はアナログシンセにそれほど興味ないので、

Whaaaat on earth
(なんぞ、これ!!)
new Roland Aira Modular! – Gearslutz.com

という反応にはなりませんでした。
擬似的とはいえReasonでCVつないでケッタイなことが結構出来るのはわかってますし、これが擬似的でなく本物でなら果たしてどれだけ面白いことできるんだろうと期待しています。
4月のMusikmesseで情報が出るのではということでした。

続報:

Roland Confirms AIRA Modular Next Week, Shows Revealing Picture

Stems

Can Stems Finally Make Multi-channel DJ Audio a Standard?

Ninja Jammっぽいなと思ったら文中でも言及されてました。あとNovationのLaunch Padもなかなか楽しい。
構成物を取っ替え可能な形で楽曲をリリースするってのを今後考えていくのもいいかなあと思います。作り手は作り手の好きなように作って、聞き手は聞き手の好きなようにいじって、聞いて楽しむ。誰も迷惑しない。DJだけじゃなく、楽器を演奏できる人だったらその楽曲の演奏に加わった気分で楽しむことも可能かもしれません。
新しい音楽の楽しみ方に…なるかな?

楽曲宣伝を兼ねたパーティーアイテムとして広がってく可能性ありますが、日本じゃパーティー自体ポピュラーではないんですよね(東京は知らんけど、私の地元はそう)。J-Popをパラメーターの組み合わせだけで捏造できる仕組みのほうが実用的(テストケース的なものは既に色々ありますが)。
大量の音楽コンテンツが世に溢れてケーススタディには事欠かないんで、歌詞だって歌だって自動生成できるくらいのとこまでは来てますよねえ。そういや、かつて椎名林檎さんの曲名みたいなタイトルを自動生成するサイトありましたね。あれから何年も経ってるんで、曲も詞もそれなりのものを自動生成できるようにはなっていそう。

関連:

エクスカリバぁぁぁ!

エクスカリバー!って遂に海の向こうにも中二病か! いや、そういったノリは今さら珍しくもないのですが。
Bobby氏のブログだと鳴り物入り的な感じで紹介されてましたが、Audio Examples聞いても私にはあまりピンと来ません。
唯一、General Chorus、名前から察するに特に奇を衒っていないChorusってことなんでしょうけど、結局これが一番質感がよくて、ハードウェアエフェクターのような瑞々しさを湛えつつ、かといって鼻づまりにもならず、品の良さが感じられます。

ロウエンダぁぁぁ!

すごくドイツっぽい色をしたページですね。

機能としてはLogicのSubbassと同じように、サブハーモニクスを加えるもののようです。Bob Katz氏が絶賛しているのが社交辞令かどうかはわかりません。機会あったら試してみたいと思います。
もしサブハーモニクスの位相まで調整できたらミックスの感覚変わるかもしれませんが、いかんせん試してないのでわからず。

ExcaliburもLowenderもしょっぱい言及の仕方をしてしまいましたが、自分なりにしても良いにせよ悪いにせよ「評価」はまだ先。今のところは言及止まり。

感謝は(あんま)求めてない

無茶振りされた仕事を無理して仕上げても、評価はされず消耗するのみでなにも残らない – Togetterまとめ

振ってるほうは”恩着せてる”つもりだったりするんで、感謝されこそすれ自分が相手に感謝する筋合いないと思ってんじゃないですかね。
感謝されたらそりゃ嬉しいですけど、自分はそれを目的にしません。

消耗するほどのことをすべきかどうかは、相手とのやり取りを通じてある程度わかると思います。
自分の場合、アイディアを投げてみたり、企画の内側や仕組みに関わる質問を投げて、消極的な反応が返ってくるORのらりくらり交わされるようであれば、本腰を入れないようにしてます。そこに力を入れる位だったら自分が主体的になれるほうに労力割いたほうがいいです。
自分の成果によほど自信があれば別ですけど、かける労力と成果、評価は必ずしも対応しません。そのアンバランスは必ずしも相手のせいでもなく。ましてや頼まれてもいない手間をこちらがかけても、どれだけ無駄撃ちできるか競うようなもんでしょう。