Logicで音が ダマ になる

先日のライブ後、ブログ見てますって仰る方がいて、ウカツなこと書けないなと思いました。
Logic使ってると音が ダマ になると仰ってて「超わかる…」とお答えしました。

一時期、ReasonやCubaseベースで制作していた時期があったものの、今は基本Logicで、でも曲調や機能次第でLiveやReason、Cubaseも使う僕です。
Reasonを使っていたのは(当時の)クラブミュージック寄りのプリセット音源が充実してたからですね。その後ReWireを通じてLogicやCubaseで使用していた時期もありますが、立ち上げるのに余計時間が掛かったり、ホストがクラッシュした際のReasonの強制終了にまどろっこしさがあったり、64bit対応が遅れたりで、結局スタンドアローンでの使用率が高かった。
Cubaseを使っていたのは、Logicのミックスの湿度が気になったから。わりにCubaseはドライにミックスダウンされる一方、音圧が上がりにくくて頭抱えもしました。EQの感覚が違ったり、Audio I/Fの相性もあったのかも。

Deep HouseやMinimal TechnoみたいなのはReasonがやりやすく、Acid JazzめいたものはLogicがやりやすく、Psychedelic TranceみたいなのはCubaseがやりやすかったってのが使い分けもしたり。VSTの利用効率面も大きかった。Liveははじめ起動の速さとレイテンシーの小ささを目当てに使っていて、そのうちループのラクさ頼りにして、さらにLiveから吐き出したステムをLogicに取り込んだときのミックスのしやすさに驚いて…という感じで慣れていきました。

Enveloper通過後のMultiPressorの反応
Enveloper通過後のMultiPressorの反応

Logicの ダマ になりやすさを解決していくには、トラックのEQ同士の絡み、Compressorの設定、Adaptive LimiterのLookaheadの調整など比較的地味な部分を理解または感得していく必要があります。
手頃な方法をオススメするとすれば、MasterにMultipressor挿すとGoodです。各レンジのインジケーターがかすかに反応するくらいのとこまで持ってくだけで、無理矢理ミックスした感が薄れます。逆に言うと自分のやり過ぎを自覚するためのものというところ。
あとピークランプは点いても実は平気で、律儀にComp挿すと潰れた感だけが増幅されます。もちろん点かないのがベストで、音が大きければいい気がしてしまう戒めと考えるといいと思います。